ファスティング後の「回復食」とは?

回復食とは、ファスティング後、通常の食事に戻していく期間に摂る食事のことです。
ファスティングの回復食は、基本的に、おかゆやスープなどの消化に良い流動食が多いです。というのも、ファスティング中は、胃の中がほぼ空っぽになるので、消化するための働きがストップしています。ファスティング後、急に通常の食事に戻してしまうと、止まった状態から無理やり胃が動かされるので、内蔵への負担が非常に大きくなるのです。

ファスティング期間が終わったからダイエットは終了!ではなく、ファスティング後に内臓への負担を抑え、体内への吸収を緩やかにするために、回復食が重要になるのです。
ここでは、どんな回復食が良いのかダメなのかをご紹介します。

画像: ファスティング後の「回復食」とは?

回復食の基本ルール

①味付けは薄味

ファスティング後の内臓は非常に敏感な状態になっています。
そんな敏感な内臓に濃い味付けのものを入れてしまうと、強い刺激を与えてしまい健康的にも良くありません。薄味の回復食から始めて徐々に味付けを濃くしていきましょう。
 

②炭水化物は避ける

最初のうちはなるべく炭水化物を避けましょう。
炭水化物は血糖値を上げ、脂肪を溜め込みやすくしてしまいますので、ファスティングをしても炭水化物をすぐに食べてしまうとリバウンドしやすくなってしまいます。
 

画像: ②炭水化物は避ける

回復食に適している食べもの&適していない食べ物

①適している食べ物

・穀物類
主食となる穀物は回復食としても向いています。具体的には、お米・そば・そうめんなどです。しかし、食べる際にはおかゆにしたり、麺類であれば温かいつゆで煮たり、消化しやすい状態で食べるようにしましょう。
・豆類
豆類は消化が良く、たんぱく質が豊富です。具体的には、納豆・豆腐・豆乳などです。
たんぱく質が不足すると代謝が落ちますので、消化が良くたんぱく質が豊富な豆類はおすすめです。


②回復食に適していない食べもの

・肉や魚
肉や魚はファスティング後の内蔵には負担が大きく、体調を崩したりリバウンドの原因にもなります。回復食を終えた後もしばらくは控えた方が良いでしょう。
・揚げ物
揚げ物も肉や魚と同じ理由で、内臓への負担が大きいですので、できるだけ油分の多い物は避けましょう。


画像: ②回復食に適していない食べもの

甘いものはしばらくNG!

回復食中や回復食が終わっても、甘いものはしばらく避けてください。
甘いものは、分解にエネルギーを使いますので、内臓には負担が大きく、カロリーも高いため、リバウンドの大きな原因になります。

画像: 甘いものはしばらくNG!

おわりに

また、回復食中やその後の一週間はアルコールも禁止です。
ファスティング後の内臓は、刺激に慣れていない状態ですので、アルコールを入れてしまうと胃の中を荒らすことも…。
頑張った自分へのご褒美はファスティング後二週間は控えた方がよさそうです。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.