メイクの前に環境を整える

朝早く仕上げたメイクを1日中キープするためには、汗や皮脂に強いメイク用品を選ぶだけではいけません。メイクをする前に、汗をしっかり引かせた状態にしたり、室内の乾燥を防いだり、環境を整えることも重要です。こういった、細かなことが、数時間後のメイク状態を左右します。
そこで今回は、朝のメイクを1日中キープするためのメイクテクをご紹介します。

画像: メイクの前に環境を整える

メイク前のスキンケア

メイク前にお肌を整えるスキンケアの方法によって、ベースの崩れを予防出来ます。
まず、使う化粧水は冷蔵庫で冷やし、毛穴を引き締めるのがオススメです。ただでさえ汗と皮脂は常に出ているのに、毛穴が開いているとより汗が出やすいので、毛穴を引き締めさせて、汗の出を弱くさせましょう。化粧水をたっぷりと与えたら、次につける乳液やクリームは、油分が多いものであれば、朝は少量にしてください。油分が少ないものであれば適量つけてもOKなのですが、油分が多いものであれば、前日の夜に使用し、朝は少量で済ませましょう。
崩れないメイクの基本は、「保湿はしっかり、油分は少量」です。

画像: メイク前のスキンケア

コスメの選び方&使い方

次に、使うコスメ用品ですが、全てにおいて油分の多いものは控えましょう。
ファンデーションであれば、油分よりも水分量の多いファンを選んでください。
パウダータイプは、一見さらっとしていますが、肌を乾燥させやすいので、最後の仕上げに使う程度にしましょう。

おすすめの順番は、下地+日焼け止め→コンシーラー→パウダーです。
人によっては、コンシーラーはいらないんじゃない?と思う方もいるでしょうが、ファンデを重ね塗りするよりも、コンシーラーを部分遣いした方がメイクは崩れにくいのです。また、アイライナーも、ジェルライナーやペンシルアイライナーは油分が多いので、リキッドタイプがオススメです。ほかにも、マスカラはお湯で落とせるタイプは基本的に汗に弱いので、ウォータープルーフのものを選びましょう。

画像: コスメの選び方&使い方

お肌にもこまめな水分補給を!

メイクが崩れやすいとき、とくに夏などは、いつもよりたくさん汗をかきますよね。気温が高く、乾燥しやすいとき、私たちはこまめに水分補給をします。お肌も体と同じで、どんなに表面は汗や皮脂が出て、潤っているように見えても、内部は乾燥している、いわゆる「インナードライ」が起きています。インナードライは、メイク崩れの大きな原因ですので、お肌にもこまめな水分補給を心がけてください。

近年では、メイクの上から吹きかけられるミストタイプの化粧水や美容液などもありますので、2~3時間ごとにお肌に与えましょう。

画像: お肌にもこまめな水分補給を!

おわりに

お肌もそうですが、メイクは水分よりも油分に弱く、水分が足りないと肌トラブルが起きます。1日中メイクをキープする秘訣は、必要最低限以上の油分を避けて、しっかりと水分を与えることです。水分と皮脂のバランスが整えば、インナードライを防ぐことが出来ます!インナードライを防ぐことが、メイク崩れを防ぐのです!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.