睡眠不足がもたらす「美」への悪影響

睡眠不足がもたらす美への悪影響は、ざっと並べても以下のものがります。

①太りやすくなる
成長ホルモンが分泌されないから
②シワ・シミ・肌荒れなどの肌トラブルを起こす
肌細胞のターンオーバーが上手く出来ないから
③スタイルが悪くなる
寝返りが日頃の体の歪みをリセットするから
④抜け毛・白髪が増える
内臓修復へ優先的に栄養が使われ、髪の毛への栄養が後回しになるから
⑤老化のスピードUP
「活性酸素」を除去するメラトニンが分泌されないから

このように、睡眠不足は美を妨げ、老化を加速させる、女性にとっては何が何でも回避しなくてはならない状態なのです。
ここでは、睡眠不足を防ぎ、ぐっすりと快眠出来るコツを5つご紹介します。

画像: 睡眠不足がもたらす「美」への悪影響

体温の低下は眠りのサイン!

眠りを導く「眠気」は、体温がピークに達して、熱が下がり始めた頃にやってきます。
具体的な方法としては、ベッドに入る1時間前に40度以下のぬるめのお湯に浸かり、体が少し冷えたぐらいの頃にベッドに入ると寝つきが良くなります。

画像: 体温の低下は眠りのサイン!

睡眠後の3時間がポイント!

質の良い睡眠は、眠りについてからの3時間が非常に重要です。なぜなら、この時間に成長ホルモンなどの様々な良いホルモンが分泌されるからです。極端なことをいうと、最初の3時間さえしっかりと確保できていれば質の良い睡眠の効果を得られるのです。

画像: 睡眠後の3時間がポイント!

睡眠環境を整える

睡眠をとる環境は非常に重要です。
たとえば部屋を明るくして眠るより、暗くして眠った方が、睡眠を促す「メラトニン」というホルモンが分泌されやすいのです。
また、寝る前には白い明かりよりも暖色系の明かりの方が深い眠りに誘いやすいので、寝る30分前は部屋の電気を消して、卓上ライトなどの小さな明かりにして眠りやすい環境をつくることもおすすめです。

画像: 睡眠環境を整える

枕カバーや布団にアロマオイルをつける

最近ではスプレータイプのものも販売されていますので、手軽にアロマオイルを使うことができます。おすすめのオイルはこちらです。

・ラベンダー
気持ちが落ち着かないときにおすすめ

・カモミール
イライラしている時、不安な時におすすめ

・ジンジャー
体調が不調気味の時におすすめ

・ジャスミン
気分が冴えない時におすすめ

画像: 枕カバーや布団にアロマオイルをつける

おわりに

ほかにも、眠る前に脳を鎮静化させるセロトニンを形成するトリプトファンを含んだものを摂ること、トリプトファンからメラトニンを作る際にサポートしてくれるカルシウムの摂取もおすすめですよ。
眠る前の飲み物としてホットミルクが挙がる理由は、精神を安定させるカルシウムとトリプトファンが同時に摂取できるからなのです。
毎日のぐっすり快眠で、女性の美を揺るがす恐ろしい弊害を防ぎましょう!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.