日焼け後のケアがとっても大事

日焼けをしてしまった後、起こる症状を様々ですが、美意識の高い女性なら、浴びた紫外線をシミやシワにしないために何とかしようと対処法を探しますよね。
確かに、日焼け後のケアによって、肌の未来が変わるといっても過言ではありません。
しかし、そのケアが間違っていたら、意味がないどころか逆効果ですよね。
そこで今回は、日焼けしてしまった後に絶対にやってはいけないNG行為TOP3をご紹介します!

画像: 日焼け後のケアがとっても大事

NG行為① 美白化粧品を使う

紫外線を浴びたお肌で気になることは、シミやそばかすです。
その為、すぐに美白化粧品などを使ってしまいがちなのですが、これは絶対にNG!!
実はこれ、逆効果なのです。

日焼けした状態のお肌はダメー ジを受けて敏感になっているので、化粧品を使うとかえってお肌に負担をかけてしまいます。一番優先するべきことは、まずは冷やすことです。
次に保湿ケアですので、一週間程は美白化粧品は使わないようにしましょう。
日焼け直後の一週間は美白メインではなく、保湿メインのローションをこまめに使うことに徹底して下さい。

画像: NG行為① 美白化粧品を使う

NG行為②日焼けをする

一度日焼けしたお肌は、私たちが思っている以上にダメージを受けています。
ですから、ちょっとした紫外線でも、いつも以上に反応してしまうのです。
身体全身を紫外線から守るだけでなく、使用する日焼け止めは石鹸で落ちるような軽いタイプを選ぶことがおすすめです。

画像: NG行為②日焼けをする

NG行為③洗浄剤を使って肌を洗う

日焼けした後、どんな洗浄剤を使っていますか?
日焼けした後のお肌に、洗剤は絶対NGです。
顔や体を洗う際に使用する洗剤は汚れが落ちるように、洗浄力を強めに配合されています。よほど脂性肌の人でない限り、ぬるま湯でも汚れは落ちます。
日焼け直後の一週間は、メイクもぬるま湯で落ちるような天然成分由来のものを使用するともっと良いですよ。

画像: NG行為③洗浄剤を使って肌を洗う

おわりに

日焼け直後は、お肌への刺激となるの行為は全て控えた方がよいです。なぜなら、日焼けした後から、すでにメラニン生成は始まっていますので、外側からのアプローチだけでなく、内側からのアプローチが必要なのです。
例えば、ターンオーバーを促進するビタミンA・Eを含む食べ物やサプリメントを摂ったり、ビタミンCを多く含む緑黄色野菜を意識的に摂取するようにすると、日焼けによるメラニンの蓄積をブロックすることが出来ますよ。
小さいことの積み重ねですが、これが10年後のあなたのお肌を守ります。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.