毛穴パックは使い方次第!

詰まった毛穴をごっそり取り除く毛穴パック!
やみつきになって、何度も何度も使ってしまった人もいるのではないでしょうか?
しかし、数年前から毛穴パックが毛穴を広げる原因になると言われ始め、まるで毛穴パックが「悪」のように扱われ始めているのです。
結論から言いますと、確かに使い方を間違えれば毛穴は広がります。
しかし、使い方さえ間違わなければ、詰まりの無いキレイな毛穴にする手段の一つとして、毛穴パックは有効なのです。

画像: 毛穴パックは使い方次第!

肌ダメージを受けやすい状態かも…

毛穴パックによって、毛穴が広がってしまったり、かえって汚れが詰まりやすくなってしまったりといったダメージを受けてしまうのは、肌状態が毛穴パックに適していないという証拠なのです。
毛穴パックを使う前に、まず自分のお肌の状態を確認してみてください。
保湿がしっかりされていない、お肌が乾燥した状態ではないですか?
このような状態で毛穴パックを使うと、汚れがしっかりと取れない上、お肌を傷めてしまいます。 肌ダメージを受けないためには、肌を柔らかい状態に保っていないとNGなのです。 では、ここからは正しい毛穴パックのステップをご紹介します。

画像: 肌ダメージを受けやすい状態かも…

ステップ① パックをする部分にまんべんなく水をつける

肌を清潔に洗い油分をしっかり拭き取った後、毛穴パックをはり付けるために水を肌につけます。このとき、なるべく指のはらなどで丁寧に水をまんべんなくのせると、まんべんなく毛穴パックが吸着するので、剥がす際に、肌への負担が軽減されます。

画像: ステップ① パックをする部分にまんべんなく水をつける

ステップ② 放置時間を守る

毛穴パックをお肌につけた後、説明書に書かれた時間以上放置するのは、肌へ過度な負担をかけるだけでなく、乾燥や肌荒れを起こします。
気温が高く湿気も高いときは乾く時間が遅くなり、空気が乾燥しているときは乾く時間が早くなるなど、季節によっても放置時間は変わります。
放置のし過ぎは、乾燥し過ぎということなので、肌へ大きな負担をかけます。
パックが乾いたなと思った時点ですぐにはがすこと!

画像: ステップ② 放置時間を守る

ステップ③ 下から上へはがす

毛穴の汚れを根こそぎ取り除くために、毛穴の向きとは逆方向にパックをはがしましょう。顔の毛穴は下向きですから、パックをはがすときは、下から上へゆっくりとはがしていきましょう。
ちなみに、毛穴と同じ向きからはがすと、毛穴パックが肌の上を通るだけですから、毛穴の汚れをしっかりと掴むことは出来ませんのでご注意を!

画像: ステップ③ 下から上へはがす

ステップ④ 保湿をしっかりと!

毛穴パックをはがした後、毛穴は開いた状態です。
当然、このまま放っておいてしまうと、開いた毛穴が乾燥し、固くなり、開いた状態のままになってしまいます。
毛穴パック後は、化粧水をたっぷりと与えて毛穴を引き締めましょう。

画像: ステップ④ 保湿をしっかりと!

おわりに

以上、正しい毛穴パックのステップでした。
正しい方法で行えば、お肌への負担を少なく、毛穴をスッキリキレイにすることができます。ただ、なにより大切なことは、毛穴パックを使用する必要のないお肌をつくることです。毛穴パックは月1~2回を目安に、引き締まった毛穴を維持するスキンケアに力を入れましょう。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.