リンパ節を把握したマッサージを!

リンパマッサージはただ体をマッサージするだけではダメです。
リンパの流れを良くして老廃物を的確にリンパ節へ流し、リンパ節に老廃物が溜まらないようにすることが大切なので、どこにどんなリンパがあるかを把握しておく必要があります。今回は、リンパマッサージで重要な7つのリンパ節をご紹介します。

画像: リンパ節を把握したマッサージを!

1.鎖骨リンパ節

鎖骨リンパ節は鎖骨にあるリンパ節です。
鎖骨リンパ節は全身を流れているリンパが最後に心臓に流れ込む場所なのです。
つまり最終出口である鎖骨リンパ節の流れが悪くなると、どんなに他のリンパ節の流れを良くしても、溜まった老廃物がスムーズに流れることはないのです。
まず、リンパマッサージをする時は、鎖骨リンパ節まわりのリンパの流れを良くしてから、他のリンパマッサージをすると効果が倍になりますよ。

画像: 1.鎖骨リンパ節

2.頸部(けいぶ)リンパ節

頸部リンパ節は、首周りにあるリンパ節です。
頭部から流れてきたリンパは頸部リンパ節を通ります。つまり、頸部リンパ節のリンパの流れを良くすし、鎖骨リンパ節へのリンパが流れを良くすれば、老廃物が頭部に溜まるのを防げるのです!

画像: 2.頸部(けいぶ)リンパ節

3.耳下腺リンパ節

耳下腺リンパ節は、耳のすぐ下あるリンパ節です。
顔にたまった老廃物を耳下腺リンパ節に流れるようにすれば、顔のむくみを解消することが可能になります。顔のむくみ、二重あごなどに悩んでいる方は、耳下腺リンパ節のマッサージがおすすめです。

画像: 3.耳下腺リンパ節

4.腋窩(えきか)リンパ節

腋窩(えきか)リンパ節は、脇下にあるリンパ節です。
腋窩リンパ節の流れが良くなると、腕周りに溜まった老廃物が流れやすくなりますので、たぷたぷ二の腕のたるみ解消には、腋窩リンパ節のマッサージが効果的ですよ。

画像: 4.腋窩(えきか)リンパ節

5.腹部リンパ節

腹部リンパ節はお腹にあるリンパ節です。
この腹部リンパ節の流れが悪くなると、お腹や腰まわりがでんっとしてしまうのです。
体重が重いわけではないの、お腹や腰回りが太めな方は、腹部リンパ節の流れが悪くなっている可能性があります。ここのリンパの流れが悪くなると腸の働きまで悪くなるので、便秘や下痢の恐れも!

画像: 5.腹部リンパ節

6.鼠径(そけい)リンパ節

鼠径(そけい)リンパ節は、足の付け根にあるリンパ節です。
鼠径リンパ節は下半身のリンパが流れこむ最初のリンパ節で、流れが悪くなると下半身に老廃物が溜まり、むくみによって下半身が太くなったり、お尻のたるみ、セルライトの原因にもなります。下半身太り、お尻のたるみ、セルライトの除去に鼠径リンパ節のマッサージが効果的です。

画像: 6.鼠径(そけい)リンパ節

7.膝窩(しつか)リンパ節

膝窩(しつか)リンパ節は膝の裏にあるリンパ節です。
膝周りから足首にかけてのリンパは、一度全て膝窩リンパ節に流れこみます。
膝まわり、ふくらはぎ、足首のむくみを解消したい方には非常に効果があります。

画像: 7.膝窩(しつか)リンパ節

おわりに

リンパマッサージを効果的に行うには、力加減が非常に大事です。
強く押してしまうと、かえってリンパの流れを阻害し、リンパは流れませんので、優しく、肌を軽く撫でるように行いましょう。
お風呂上りや寝る前に行うとより効果的ですよ!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.