メイク方法でシワの深さが変わる!

目尻にある数本のシワ、うっすらと出始めたほうれい線!
気になるシワを隠そうとして、ファンデーションが濃くなっていませんか?
シワが気になるあまり、ファンデを塗りすぎると、シワはかえって目立ちます。また、時間が経つと、シワの間にファンデが埋まり、薄いはずのシワが濃く見えてしまうことも…。
そこで!今回は、時間が経ってもシワが目立たないベースメイクの作り方をご紹介します。

画像: メイク方法でシワの深さが変わる!

下地は少量に抑える

下地のつけすぎは、メイク崩れの大きな原因になります。また、下地をつけすぎると、時間が経ったときに、下地がシワに入り込んでさらにシワが目立ちます。
メイク後に出てくる汗や皮脂を計算し、下地は少量に抑えるようにしましょう。
メイク前に保湿が十分であれば、少量の下地でも化粧崩れは防げます。

画像: 下地は少量に抑える

ファンデはナチュラル志向

ファンデは塗れば塗るほどシワが目立ちます。保湿をメインにして、ファンデは薄付きのものを選ぶことが基本です。
少量の下地をつけたら、ファンデをのせましょう。シミが気になるようであれば、コンシーラーの使用をおすすめします。ファンデは出来るだけナチュラルなものを選びましょう。水でも落とせるようなものを選ぶと、お肌にも優しいですし、シワの溝にファンデが入り込むこともありません。

画像: ファンデはナチュラル志向

仕上げはフェイスパウダー

最後の仕上げにフェイスパウダーをのせると、シワが目立たず、全体的にふんわりと仕上がります。というのも、パウダーファンを塗ると、どうしてもお肌に粉っぽさが残ります。すると、シワは目立ちやすくなりますので、仕上げにお肌へのフィット感が高い、フェイスパウダーをのせると、粉っぽさを和らげ、シワも目立たなくなります。
フェイスパウダーのポイントは、目尻・口元・眉間など、よく動かす部分には薄くつけることです!

画像: 仕上げはフェイスパウダー

おわりに

シワを目立たないようにするには、厚塗りをせず、すべてのステップを薄付きにすることです!ファンデを何度も何度も重ね塗るするよりも、下地・ファンデ・コンシーラ・フェイスパウダーなど、重ねるものを多くとも、全てが薄づきであれば、厚塗りしているようには見えません。

ベースメイクのステップが少なくとも、何度も重ねて厚塗りすることが、シワが目立つ原因です。一つの層は一度崩れると、一瞬で全て崩れてしまいまずが、一つの層は薄くとも、何層も重ねると、一度崩れても他の層がカバーしてくれますので、総崩れを防ぐことが出来ます!薄い層を重ねて、ナチュラルに、でもしっかりとシワをカバーしましょう!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.