日焼けした肌を回復させる食べ物

日焼けした肌ダメージを回復させる食べ物は「ビタミンACE(エース)」と呼ばれる栄養素です。これらの栄養素には、身体の健康を維持するだけでなく、女性のキレイを呼び起こす効果がたくさん詰まっています。これらの栄養素をとくに豊富に含む食べ物は以下の3つです。

① トマト
トマトにはビタミンA(β-カロテン)が豊富に含まれています。ビタミンAには抗酸化作用がありますので、紫外線によって増えた活性酸素を除去します!
トマト以外にも、かぼちゃやにんじんなどの緑黄色野菜も、ビタミンAが豊富です。

② いちご
いちごには良質なビタミンCがぎゅっと詰まっています。ビタミンCは、メラニン色素の過剰生成を抑制しますので、紫外線によるシミ・そばかす・くすみの生成を抑制します。
いちご以外にも、ブロッコリー・ピーマン・グレープフルーツなども、ビタミンCが豊富です。

③ ナッツ類
ナッツ類にはビタミンEの宝庫です。ビタミンEは体内の血流を促し、新陳代謝を高めますので、ターンオーバーも活発になります。
ナッツ類以外にも、アボカド・大豆なども、ビタミンEが豊富です。

画像: 日焼けした肌を回復させる食べ物

抗酸化作用に優れた食べ物を積極的に!

紫外線をたっぷりと浴びた体は、活性酸素の発生が過剰になっていますので、皮膚が最も老化しやすい状態にあります。そこで、抗酸化作用に優れている食べ物を積極的に摂ることで、体を老化から守ることが出来るのです。
ビタミンは単体でも抗酸化作用に優れていますが、ビタミンCとEをWで摂取するとより、抗酸化作用が高まります。ただし、ビタミンCは水溶性のビタミンですので、1日の必要量以外は摂り溜めておくことは出来ず、排泄されてしまいますので、こまめに摂取すること!

画像: 抗酸化作用に優れた食べ物を積極的に!

日焼けした肌のダメージを促す食べ物

日焼けした肌を回復する食べ物がある一方で、日焼けした肌のダメージを促す食べ物もあります。それが、以下の3つです。

① レモン
レモンには「ソラレン(ソラーゲン)」という成分が含まれています。
ソラレンには、光毒性があり、食べて紫外線を浴びると、シミができやすくなります。
レモン以外にも、きゅうり・ライム・パセリ・春菊・三つ葉・シソなどもソラレンが含まれています。

② アルコール
アルコールは血管を広げて、血行を促進させるので、ターンオーバーには良いのでは?と思ってしまいがちですが、日焼けした後に血行を促進させてしまうと、炎症を促してしまうので、なるべく積極的に体を温めないようにしましょう。

③ インスタント食品
インスタント商品には食品添加物が入っています。
食品添加物が多い食事を摂っていると、活性酸素が生されやすくなり、老化のスピードを上げるだけでなく、肌の新陳代謝の妨げになるメラノサイトの働きを狂わせて、メラニンをたくさん作ってしまうのです。
食品添加物の入っているものの中でも、防腐剤の多いインスタント食品、冷凍食品、ファストフードなどはおすすめしません。
画像: 日焼けした肌のダメージを促す食べ物

おわりに

お肌にたっぷりと紫外線を浴びてしまっても、日焼けダメージを回復する食べ物を積極的に摂取すれば、体内のシミ・シワ予備軍をやっつけることも出来ます。
美白を目指す女性は、普段のスキンケアだけでなく、紫外線に負けない食生活にも注目してみてはいかがでしょうか!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.