コラーゲンは若々しい肌と体を保つために必要な成分

ただ単に美しさを維持するためでなく、健康な体を維持するためにも、コラーゲンは欠かせません。今回は、意外と知らないコラーゲンの肌と体への効果をたっぷりとご説明します。

コラーゲンの効果

① 肌の潤いの維持
コラーゲンは細胞を活性化する働きがありますので、継続的に摂取すると、コラーゲンをつくっている繊維芽細胞や骨芽細胞も一緒に活性化されます。これにより、コラーゲンをつくっている細胞のみならず、表皮細胞も活性化しますので、ターンオーバーを積極的に促し、潤いのある健やかな肌を維持します。

② ハリ・ツヤ・弾力のUP
肌にコラーゲンが十分にあると、ターンオーバーも正常で、水分の保持量も優れています。これにより、真皮の上にある表皮にもハリが出て、弾力のある瑞々しい肌になるのです。

③ 毛穴が引き締まる
十分なコラーゲンによって肌の水分保持力が上がり、ターンオーバーが促進され、潤いのある肌になると、結果的に毛穴が目立たなくなります。
画像: コラーゲンの効果

コラーゲンが体へもたらす効果

① 髪の毛が健康になる
髪の毛はたんぱく質でできていますので、当然コラーゲンを摂取すると、髪の毛にも良い影響を与えます。具体的には、太さが増し、指通りがなめらかになったり、髪にまとまりやツヤが出るなど、個人差はありますが、コラーゲンを日頃から摂取している人の多くがこのように感じているそうです。

② 爪が丈夫&つやつやになる
コラーゲンは表皮細胞を活性化しますので、爪の表面が新しい角質層で覆われるスピードも速くなります。他にも、二枚爪の改善、割れにくい爪になるなど、コラーゲンの摂取により、年齢問わず綺麗な爪になっている人がたくさん!

③骨が丈夫になる!
コラーゲンは、骨のコラーゲンをつくる骨芽細胞を活性化させて、骨の代謝を促進しますので、骨を元気に保つためにもコラーゲンは欠かせません!

④肩こり・腰痛の緩和
以前は、コラーゲンと肩こり・腰痛の緩和について、科学的な要因は証明されていなかったのですが、近年マウスでの実験により、コラーゲンペプチドが関節軟骨や軟骨下骨の細胞に作用し、骨の変形を止める働きがあることがわかりました。もちろん、マウスだけでなく、人で検証した結果も良い結果が出たそうです。
画像: コラーゲンが体へもたらす効果

おわりに

コラーゲンはたんぱく質の一種なので、体外から摂取しても、そのまま吸収されることはありません。摂り入れたコラーゲンはアミノ酸やペプチドなどの分子の小さいものへと分解されて吸収されます。ですので、コラーゲンの吸収をより高めるためには、始めから分子を小さくした「コラーゲンペプチド」などの摂取がおすすめです。
コラーゲンペプチドは始めからペプチド化(小さく)されているので、より体内に吸収されやすく、効果が出るまでの時間も短くなりますよ!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.