美容成分「パセノール」とは?

パセノールとは、お菓子で有名な森永製菓が独自開発した美容成分です。
パセノールの主成分はパッションフルーツの種子を搾ったエキスなのですが、当然ですが、ただエキスを絞っただけではありません。パッションフルーツの種の中には、ポリフェノールの一種でもある「ピセアタンノール」、ピセアタンノールが結合した「スキルプシンB」という成分が豊富に含まれています。この成分に着目してパセノールが誕生しました。

パッションフルーツ自体の効能

パッションフルーツは南米原産のフルーツで、南国風な甘味と酸っぱさが特徴です。
南米だけでなく、日本では鹿児島や沖縄などでも栽培されています。
パッションフルーツはそのまま食べられるだけでなく、果汁やピューレはジュース、ジャムなどにも使われていますし、種子から得られるオイルは化粧品にも用いられています。
パッションフルーツには、ナイアシン、葉酸、ビタミンC、クエン酸、カリウムなどの成分が豊富に含まれており、血管拡張・貧血防止・疲労回復など、フルーツ自体にも様々な効能ががあるのです。

画像: パッションフルーツ自体の効能

パセノールの凄さは広範囲のエイジングケア

そんな様々な効能を持つパッションフルーツの種子にあるピセアタンノールとスキルプシンBは高い抗酸化作用を持っており、さらには抗炎症作用、コラーゲン生成促進作用、血管拡張作用、メラニン合成抑制作用、など、美容効果が豊富に含まれているのです。つまり、美肌やアンチエイジングを目指す女性にとって、最高の美容成分なのです。

過去、美容業界でもたくさんのエイジングケア成分が生み出されてきましたが、上記のように様々な点で優れた作用が期待できる成分は、ほとんどありません。
抗酸化作用が強いピセアタンノールは体内吸収性が非常に高いので、成分効率も良く、効果が出るまでの時間が短いのが特徴です。

画像: パセノールの凄さは広範囲のエイジングケア

パセノールを実感するためには?

パセノールを体内や肌に補給するためには、まずパセノールを開発した森永製菓のパセノール商品を選ぶことが順当でしょう。他のメーカーからもパセノール商品は出ているかもしれませんが、やはりパセノールを研究しつくし生み出した森永製菓のものであれば品質も間違いないでしょう。

画像: パセノールを実感するためには?

おわりに

体の内側からパセノールの成分を補給するのであれば、サプリメントがおすすめです。
肌の外側からアプローチするにはパセノールを含んだスキンケアラインがおすすめです。
当然ですが、内側と外側からのWケアをすると、パセノールの効果実感は早く訪れるでしょう。新エイジングケア成分パセノールを摂取して、衰え知らずの健やかな肌を目指しませんか?

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.