生太郎、鬼退治を決意する

あるところに酵素をこよなく愛す、生太郎(なまたろう)という健康オタクの若者がいました。

正義感の強い生太郎は、この飽食の世の中で"ダイエットがうまくいかない"と嘆き、無理なダイエットに身をやつす女子たちに心を痛めておりました。

「食べても太らない人、食べなくても太ってしまう人。それは酵素の量なんだ!酵素の働きを理解して、足りない酵素を補っていけばダイエットは思いのほか上手くいくんだ!僕は…、僕は、それを分かってもらいたい!」

画像: 生太郎、鬼退治を決意する

こうして生太郎は、熱い思いと自分の成すべき信念を胸に、世のダイエッター達を苦しめている甘い鬼と脂肪鬼と炭水化物鬼を退治するべく、おデブの巣窟と化すデブヶ島へ旅立つことにしたのです。

生太郎、デブヶ島へ旅立つ

「おじいさん、おばあさん、僕は自分のすべきことを見つけました!
ダイエットに苦悩する世の中の女子のために、デブヶ島へ甘い鬼と脂肪鬼と炭水化物鬼を退治に行きます!

「生太郎や、よく決心しおった!ばあさんが3年以上をかけて熟成させた生酵素を持ってお行き。」

「生太郎、気を付けて行ってくるのですよ。」

「はい、必ずや!」

画像: 生太郎、デブヶ島へ旅立つ

一点の雲もとどめぬ空のもと、おばあさんが丹精込めて熟成させた生酵素を大切に腰に下げ、生太郎は生まれ育った里を旅立ったのです。

生太郎、ぽっちゃり女子のワン子に出会う

山を越え、川を渡り、しばらく旅を続けた頃…。
生太郎はぽっちゃり女子のワン子に出会いました。

画像: 生太郎、ぽっちゃり女子のワン子に出会う

「生太郎さん、どこへ行くのですか?」

「デブヶ島にいる甘い鬼と脂肪鬼と炭水化物鬼を退治に行くんだ!」

「お腰こしに下さげたものは、何なんですか?」

「日本一の生酵素さ。16種のスパーフルーツと120種の野菜から作ったんだ!

「その生酵素をひとつくださいな。私、ダイエットがしたいのです!ついうっかり食べ過ぎてしまうの…。もう甘い鬼と脂肪鬼と炭水化物鬼に負けたくない!」

「食べ過ぎると限りある体内の酵素は、代謝酵素に回らずに消化酵素に使われてしまうから痩せにくくなるんだ!一緒にデブヶ島へ鬼退治にいきましょう!」

生太郎、ぽっちゃり女子のサル江に出会う

生太郎はぽっちゃり女子のワン子を伴い、さらに旅路を歩みます。
すると今度は、ぽっちゃり女子のサル江に出会いました。

画像: 生太郎、ぽっちゃり女子のサル江に出会う

「生太郎さん、どこへ行くのですか?」

「デブヶ島にいる甘い鬼と脂肪鬼と炭水化物鬼を退治に行くんだ!」

「お腰こしに下さげたものは、何なんですか?」

「日本一の生酵素さ。3年以上も熟成・自然発酵させたんだ!

「その生酵素をひとつくださいな。私、もうリバウンドしたくないんです!もう甘い鬼と脂肪鬼と炭水化物鬼に負けたくない!」

「無理なダイエットなんてする必要はない!継続して良い酵素を補い続けることが大切なんだ!一緒にデブヶ島へ鬼退治にいきましょう!」

生太郎、ぽっちゃり女子のキジ美に出会う

谷を越え、里を超え、三人が旅を続けていくと、今度はぽっちゃり女子のキジ美に出会いました。

画像: 生太郎、ぽっちゃり女子のキジ美に出会う

「生太郎さん、どこへ行くのですか?」

「デブヶ島にいる甘い鬼と脂肪鬼と炭水化物鬼を退治に行くんだ!」

「お腰こしに下さげたものは、何なんですか?」

「日本一の生酵素さ。熱に弱い酵素を生きたままで腸まで届けることができるんだ!」

「その生酵素をひとつくださいな。私、どんどん痩せにくい体質になっている気がするの…。もう甘い鬼と脂肪鬼と炭水化物鬼に負けたくない!」

「それは年齢と共に酵素の量が減ってきているからなんだ!一緒にデブヶ島へ鬼退治にいきましょう!」

生太郎、デブヶ島に辿り着く

こうして3人のダイエッターと供に、デブヶ島に辿り着いた生太郎。
デブヶ島では甘い鬼と脂肪鬼と炭水化物鬼たちが、ぐうたら宴を繰り広げていました。

画像: 生太郎、デブヶ島に辿り着く

ちょっぴりミーハーな甘い鬼は、大好物の生クリームを舐めながら
「酵素ダイエット、まだ流行ってるんだってさ~!」

「サプリとかドリンクとかよく考えるよなー。酵素なんて熱を加えたら、す~ぐ破壊されて効き目なくなっちゃうのにさーww
炭水化物鬼が欠伸をしながら付け加えました。

ダイエットなんてあきらめて皆でブクブクすれば良いんだよぅ!所詮できないんだから!クフッ
脂肪鬼が自慢の三段腹を掻きながら追い打ちをかけ、鬼たちは揃ってバカ笑いをしたのでした。

生太郎、ついにブチ切れる

その様子を物陰からうかがっていた生太郎は、ぐっと拳を握り絞め、眉間にシワを刻み…
言わしておけば!!!!!許さん!!!

「誰だ?おめーww」
気だるそうに立ち上げる脂肪鬼。

「僕は生太郎。お前たちを成敗しにやってきた!」

「はっw笑わせる!返り討ちにしてやるよww」
と言うな否や、仕掛けられた甘い鬼の攻撃を余裕でかわした生太郎は、腰に下げた生酵素に手を伸ばします。

画像: 生太郎、ついにブチ切れる

「なんだそれは!!!!!ん?酵素か?」
「サプリ化した酵素なんて生きてないから、へっちゃらだぜ!」
…と、余裕の笑みではやし立てる鬼たち。

にわかに口角を吊り上げた生太郎は
これを食らえ!!!!
と無駄のない動きで腰に下げた生酵素を投げつけました。

ヒュッと空を切る音の直後…。
「うわぁー!」と耳をつんざく悲鳴を上げた鬼たち。

「よく聞け!鬼ども!この酵素はただの酵素じゃない!16種のスパーフルーツと120種の野菜を一切熱を与えずに3年以上自然発酵させて作った、生きた酵素だ!!!!

「な、なに生きた酵素だと…。そ、それは無理だ!降参だ!許してくれぇ~」

生太郎、圧倒的な強さで鬼を成敗

こうして甘い鬼と脂肪鬼と炭水化物鬼を生酵素で見事にやっつけた生太郎たち。

画像: 生太郎、圧倒的な強さで鬼を成敗

生酵素があればもう怖くないね♪」と言うワン子に

「私もそう思う!もう無理なダイエットなんてしない!」とにっこり微笑んだサル美。

「生太郎さん、生酵素の大切さを忘れません!」キジ美は目を潤ませました。

この長旅と生酵素ですっかりスリムビューティーになった3人と生太郎は、満面の笑顔で家路に着きましたとさ。

…そうデブヶ島は、痩せたいと無理なダイエットをしてしまうあなたの近くにあるのかもしれません。

Sponsored by オーガニックレーベル
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.