強い抗酸化作用を持つ「ルテイン」

ルテインと、強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種です。カロテノイドとは、ほうれん草やかぼちゃなどの緑黄色野菜やグレープフルーツなどのフルーツに含まれている栄養素です。私たち人間の目の中にも、ルテインは存在していています。

人間の目は、普段から紫外線やPC・スマホなどから出るブルーライトで、活性酸素が発生しやすい状態にあります。中でも、ブルーライトはダメージが強く、目の細胞に与えるダメージも大きいのですが、ルテインはこれらの有害な光から目を守り、老化の原因ともなる活性酸素を除去する役割を持っているのです。

目にも肌にも大切なルテインですので、日頃からこまめに摂取していて損はありません!
では、ルテインの摂取方法にはどんなものがあるのか、ご紹介します。

画像: 強い抗酸化作用を持つ「ルテイン」

ルテインを食事から摂取

上記でも述べたように、ルテインは緑黄色野菜などの色の濃い野菜やフルーツに含まれています。ルテインを含む代表的な食材に、かぼちゃ、ブロッコリー、ほうれん草、にんじん、納豆、マンゴーなどがあります。
食事で摂取する場合、ルテインは油に溶けやすい性質ですので、油と一緒に摂ると吸収率がUPしますよ。

画像: ルテインを食事から摂取

ルテイン摂取にはサプリメントがおすすめ!

ルテインを豊富に含む食材はたくさんありますが、ルテインの摂取はサプリメントがおすすめです。その理由は、ルテインの摂りにくさにあります。1日のルテインの摂取量を食事で摂ろうとすると、ニンジンであれば13本、ほうれん草であれば4株~5株が必要になるそうです。ルテインの含有量が多いニンジンでさえ13本も必要なのですから、1日にこれだけの量を毎日食事で摂取するのは難しいですよね…。
基本的には食事から摂取するのが理想ですが、足りない分はサプリメントで補うのが効率的です。

画像: ルテイン摂取にはサプリメントがおすすめ!

ルテインのサプリメントを選ぶポイント

ルテインのサプリメントを選ぶ際のポイントは2つあります。

①天然の「ルテイン」を選ぶ
ルテインのサプリメントには、天然ものと化学合成のものがあります。
天然ものの多くはマリーゴールドからサプリメントを作っています。当然ですが、天然ものの方が吸収率も良く、その分効果も高くなります。
②ルテイン含有量の多い物を選ぶ
ルテインの1日の摂取量は、10mg前後と言われています。
ただし、摂取した量すべてが吸収されるわけではありませんので、やや多めに摂っても問題ありません。
画像: ルテインのサプリメントを選ぶポイント

おわりに

ルテインの美肌効果は非常に優れているのですが、実はルテインだけではルテインの効果は十分に発揮されないのです。どんな栄養成分でも、偏って摂取しては意味がありませんよね。ルテインも同じで、他の成分と一緒に取ることで効果を発揮します。
ルテインの効果を十分に発揮するためには、アントシアニン、ビタミンE、ゼアキサンチンなどの成分を一緒に摂取することがおすすめですよ。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.