正しいシャンプーが薄毛予防になる

美しい髪の毛を目指すには、ただ髪の毛にアプローチするだけでなく、頭皮も健康に保つ必要があります。
薄毛・抜け毛防止、健やかな髪の毛のためにも頭皮ケアは重要なのですが、実は一番身近な頭皮ケア、つまりシャンプーを多くの女性がおろそかにしがちなのです!
毎日繰り返していることなので、「ケア」という自覚は薄いですが、頭皮への影響は大きいです。正しいシャンプー習慣は、美しい髪の毛だけでなく、薄毛や抜け毛を防ぐことも出来ます。今回は、どんな髪質の方でも対応の正しいシャンプー方法をご紹介します。

画像: 正しいシャンプーが薄毛予防になる

正しいシャンプーの方法

ポイント①洗浄力の弱いシャンプーで2回洗い

まず、頭皮の健康に保つためには一度で2回のシャンプーが必要です。
まず一度目では、髪の毛表面の汚れ、整髪料などを落とします。そして、二度目で頭皮を洗います。このとき、二度目のシャンプー液の量を少なくしたり、シャンプーそのものを洗浄力の弱いものにするなどとして、頭皮への負担を減らしましょう。
 
 

ポイント②ゴシゴシしない

髪の毛を洗う際に最も注意してほしいことが、ゴシゴシしない!ということです。
髪の毛や頭皮は顔の皮膚と違って強いから大丈夫!と思っていませんか?
髪の毛を洗う際も、顔を洗うようにやさしい指使いで洗う必要があります。具体的には、指の腹を使うことです。決して、指先を使ったり爪を立てないことです。
頭皮は何より刺激に弱い敏感な部分ですので、出来るだけ触れるときは優しく洗います。
 
 

画像: ポイント②ゴシゴシしない

ポイント③洗う方向は常に下から

シャンプーの基本的なルールは「下から上に向かって洗う」ことです。
髪の毛の流れに逆らって洗うことで、頭皮の隅々までシャンプーの泡が行き渡りますので、洗うときだけでなく、すすぎのときも同じように下から上へ流します。
これにより、髪の毛や頭皮を労わるだけでなく、シャンプー液を頭皮に残すことなく、流しきることが出来ます。
シャンプーもコンディショナーもそうですが、どんなに優しいシャンプーであっても、洗い残しがないように洗うことが必要です。髪の毛は優しくしっかり洗うこと!

画像: ポイント③洗う方向は常に下から

おわりに

正しい洗い方をしているのに効果が現れないという場合には、シャンプー選びに失敗している可能性があります。 シャンプーは界面活性剤の種類によっていくつかに分類できますが、頭皮にやさしいのはアミノ酸系のシャンプーです。薄毛や抜け毛といった頭皮トラブルを抱 えている場合は、アミノ酸系シャンプーの使用をオススメします。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.