20代30代を中心に増加中の「疲れ目」

朝はしっかりと見えていたのに、夕方になるとパソコンの文字が見えにくくなったり霞んできたり、スマホの画面もなんだかボヤける…という経験ありませんか?

画像: 20代30代を中心に増加中の「疲れ目」
それ、今20代30代で増えている「疲れ目」かもしれません。

目の不調と言うと、年をとってからのものと思われがちです。

しかし今は20~30代の若年層の方にも増えています。

こんなことに心当たりはありませんか?

・視界がぼやけてピントが合わない…
・かすみ目やドライアイがひどい…
・パソコンの光がまぶしい…

そうえいば…。と思う方も少なくないと思います。

そこで、この悩みに“ある成分”がいい!と話題になっているのでお伝えしたいと思います。

疲れ目は○○の減少が原因だった!?

画像1: 20代・30代に急増している、疲れ目に注意!

目のトラブル解決に重要な“ある成分”。

それは「ルテイン」です。
ルテイン」とは、目に入る光が集中する黄斑部の色素量を維持する働きがあり、ブルーライトなど光の刺激からの保護や、コントラスト感度の改善によって、目の調子を整える働きがあります。
しかし「ルテイン」は体内で生成される成分ではない上に、年齢や喫煙など様々な要因によって体内のルテイン量は減少するため、定期的に補う必要があります。

「ルテイン」を補うにはどうしたらいいの?

画像2: 20代・30代に急増している、疲れ目に注意!
減少した「ルテイン」を補うには、緑黄色野菜からの摂取がいいと言われています。

例えばほうれんそう、にんじん、ブロッコリーなどがあります。

どのくらいの量が必要かというと、こちらをご覧ください。

画像3: 20代・30代に急増している、疲れ目に注意!

毎日食べ続けるのはなかなか難しい量になります。

そこで、「ルテイン」補給にオススメなのが“サプリメント”です。

忙しい毎日でも手軽に「ルテイン」を摂取することができます。

ルテインのサプリメントを選ぶ方法!

画像4: 20代・30代に急増している、疲れ目に注意!

ネットで調べると「ルテイン」のサプリメントをいくつも発見することができます。
そこで選ぶ基準をお伝えいたします。

1.ルテインの配合量が多いこと
食品安全委員会によると、1日最低6mg以上必要と言われています。6mg以上であるのは必須といえますし、多いほうがより効果が期待できそうです。
2.機能性表示食品であること
「機能性表示食品」とは、科学的根拠を基に機能性を表示するものとして消費者庁に届け出を出した商品だけが使用することのできる表示です。
飲むならしっかりとしたサプリメントがいいですよね。
3.自分で続けやすいもの
値段が高いものや、1回に飲む量が多いと、毎日続けにくくなりますので、避けたほうが無難です。

編集部ではこれらのポイントを基準に、オススメのサプリメントを探してみました。

編集部が選んだ、パーフェクトなルテイン配合サプリ!

画像5: 20代・30代に急増している、疲れ目に注意!
編集部が選んだのは『めばえ』というサプリメントです。

知らない方が多いかもしれませんが、このサプリは本当に優秀なんです。
「めばえ」が素晴らしい理由はこちら!

・ルテインが1粒で20mg!
ルテインを豊富に含むマリーゴールドから成分を抽出していて、なんと1粒で20mg!
1日の目安量を簡単に摂ることができます。
・機能性表示食品!
『めばえ』に含まれるルテインが「目の調子が整えられる」と科学的根拠を基に表示されています。
・続けやすい!
1日1粒でOKですし、1粒の大きさも小さいので飲み込みやすいのが魅力です。

人生を楽しみたいからこそ、目は本当に大切!

口コミが多いのも安心材料のひとつでした。例えばツイッターでは…

画像6: 20代・30代に急増している、疲れ目に注意!

ほかにもこんな口コミがありました。

伊東さん・30歳・女性
「普段から時間さえあれば、ずっとスマホやタブレットを見ています。ここ数年、目の調子が悪いな~…と思うことが増えていました。
飲み続けていると、本当に効果を実感!1日中パソコンと向き合いながら頑張っているOLの親友にもプレゼントしました!」

これからの人生を考えると、いつまでも健康な目でいたいですよね。

画像7: 20代・30代に急増している、疲れ目に注意!

さて、最後に機能性表示食品だから高いんじゃあ…と思った方!
この『めばえ』は続けやすさにこだわったサプリらしく価格もお手頃でした。

なんと、1日に換算すると55円!

目の調子を整える機能がある『めばえ』の詳しい情報は下のバナーからご覧いただけます。

画像8: 20代・30代に急増している、疲れ目に注意!
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.