肩こりとダイエット

肩こりの解消とダイエットは一見全く違う分野のことと思いがちですが、どちらも、血行不良を解消しなければ症状が改善されにくいという共通点があります。

そのため、身体の凝りを解消することとは痩せやすい体を導くことにもつながるのです。ですから、ダイエットを始める前に、自分の身体の凝り具合をチェックし、場合によっては凝りを解消してからダイエットを開始することが、より効率的なのです。

まずは、自分の凝り具合をチェックしましょう。チェックの方法は非常に簡単です。平らな壁の前に大の字になるように立って、踵からお尻、肩、両手、後頭部全てを壁につけます。そして、腕を水平にした状態のまま、片手を反対の腕に近づけます。ポイントは、壁から尻が離れないようにすること!

あなたの肩こりレベルはどれでしょうか?

肩こりレベル判定

① 手首を掴めた方

肩凝りがほとんどない方です。肩凝りを感じていても、体はまだまだ柔らかいので安心!

② 手で肘より先を掴めた方

肩こりを感じている方は少ないですが、背中の柔軟性がやや低下している可能性があります。

③ 手で肘を掴めた

たまに肩がこる人です。背中を中心とした上半身の柔軟性を高めましょう。

④ 手で肘より手前を掴めたor腕が掴めない

柔軟性が低下しています。
毎日数分でも良いのでストレッチを行い柔軟性を回復させましょう。

画像: ④ 手で肘より手前を掴めたor腕が掴めない

肩こり解消には毎日のストレッチが有効

肩凝りにストレッチが有効な理由は、ストレッチの動きによって筋肉が緊張と弛緩を繰り返すことで、筋肉が血管のポンプのように働いて、血行を促します。
肩こりの解消には何よりも血行改善が重要です。
肩こりの原因は主に首や肩まわりの上半身の筋肉が緊張し、固まってしまった状態が続きているせいです。筋肉が固まると血管のポンプの働きも鈍りますので、ストレッチで筋肉を弛緩させて、ポンプの働きを回復させましょう!

画像: 肩こり解消には毎日のストレッチが有効

首と肩に効果的なストレッチ

まず、仰向けに寝て、片側の頬を床につけます。アゴを引かないように注意し、その体勢のまま30秒静止。反対側も同様に行ってください。
とても簡単なストレッチですが、は痛みが出ない範囲で行ってください。また、呼吸を止めないように注意しましょう。毎日朝と夜の2セットずつ行うのがおすすめです。

画像: 首と肩に効果的なストレッチ

おわりに

時間に余裕がある方や肩こりレベルが高い方は、2セット、3セットとセット数を増やしましょう。ポイントは毎日繰り返して行うこと!
毎日継続することで凝りもほぐれ、血行の流れが正常に戻ります。血行が改善したら、ダイエットを開始しましょう!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.