20~30代に起こる「若年性脱毛症」

近年、男性だけでなく20~30代の女性の薄毛や抜け毛も珍しくなくなりました。
それだけ、薄毛に悩む若年層が増えているということでもあります。
当然ですが、20~30代での薄毛は老化によるものではありません。若くても髪の毛が薄くなってしまったり、抜けてしまうのは、その多くが「若年性脱毛症」なのです。

画像: 20~30代に起こる「若年性脱毛症」

若年性脱毛症が起こる仕組み

一般的に加齢による抜け毛は、頭皮や毛母細胞(髪の毛が生える根本)の老化によって起こります。しかし、若年性脱毛症の場合、原因はヘアサイクルの乱れによるものがほとんどです。ヘアサイクル、つまり髪の毛のターンオーバーが乱れると、抜ける時期ではないのに毛が抜けたり、毛が細くなったりしてしまうのです。

画像: 若年性脱毛症が起こる仕組み

若年性脱毛症の主な原因3つ

①無理なダイエット

若い世代の薄毛や抜け毛の主な原因に無理なダイエットがあります。
女性の場合、女性ホルモンのバランスが整っていなければ、健康で美しい髪の毛は生まれません。それは、女性ホルモン「エストロゲン」が、髪の毛の成長に重要な働きをしているからです。

しかし、無理なダイエットにより栄養バランスが乱れ・不足すると、女性ホルモンのバランスも乱れ、結果的に薄毛や抜け毛を招いてしまいます。また。ホルモンバランスが乱れるだけならまだしも、自律神経の乱れを招くこともあります。自律神経が乱れると、血流は滞り、頭皮と髪に栄養が運ばれなくなり、ヘアサイクルが乱れてしまうのです。

画像: ①無理なダイエット

②カラーやパーマなどによるダメージの蓄積

今の時代、ヘアカラー・パーマを一度もしたことがないという20~30代の女性の方が珍しいですよね。ヘアカラーやパーマの繰り返しは、毛根を傷つけたり頭皮を傷めます。
それだけでなく、毎日使っているスタイリング剤も頭皮に刺激を与えますし、シャンプーが不充分でスタイリング剤が毛穴に詰まることも頭皮には悪影響を与えます。
髪の毛だけでなく、毛根、頭皮へのダメージは髪の成長を阻害し、ヘアサイクルを乱す原因となります。

画像: ②カラーやパーマなどによるダメージの蓄積

③間違ったヘアケア

シャンプーを毎日正しい方法で行っている方は、実は多くありません。
頭皮は顔の皮膚と一枚の皮で繋がっているということを忘れ、髪の毛だからと強い洗い方をしてしまっていませんか?
ヘアケアの基本はスキンケアと同じです。優しく丁寧にケアすること!

画像: ③間違ったヘアケア

おわりに

若年性脱毛症は珍しいことではありません。むしろ年々増えている症状です。
しかし、原因がハッキリしていますので、生活習慣や根本原因を改善することで、ヘアサイクルは正常になり、抜け毛や薄毛も改善されていきます。若年性脱毛症は老化現象ではありませんので、回復も早いのが特徴です!
早期改善を心がけ、ボリュームのある強く美しい髪の毛で、オシャレをもっと楽しみましょう!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.