食事制限のダイエットでリバウンドする原因

ダイエットでリバウンドする大きな原因は、満腹感を与えるホルモン「レプチン」にあります。本来レプチンは、インスリンの作用を受けると、強力な食欲抑制効果とエネルギー消費を促進させるダイエットには不可欠なホルモンです。しかし、レプチンはある程度の脂肪が脂肪細胞に蓄えられないと分泌されないので、食事制限をしている時は、分泌量が減ります。一度減ったレプチンの分泌量は、元に戻るのに約30日かかります。

ということは、ダイエットを中断して前と同じ食事に戻ったとしても、30日間が過ぎない限りレプチンの分泌量は少ないままなので、食べても食べても満腹感が得られないのです。満腹感が得られなと、摂取エネルギーは自然と多くなってしまいます。これが、食事制限のダイエットによってリバウンドをしてしまう大きな原因です。

画像: 食事制限のダイエットでリバウンドする原因

ファスティングはリバウンドしにくいダイエット

ファスティングとは、食事の代わりに酵素ドリンクなどを飲む、断食の一種です。
一定期間、固形物を一切摂らずに腸を休ませるデトックス療法なのですが、これの何がすごいのかといいますと、ほぼ必ず痩せるのにリバウンドしにくいダイエットなのです。
断食というと食事制限のダイエットと変わらないから、リバウンドするんじゃ?と思われるかもしれませんが、正しい方法で行えば、体は健康になり、気分も前向きになります。
では、ファスティングがリバウンドしない理由をもう少し詳しくご説明します。

画像: ファスティングはリバウンドしにくいダイエット

リバウンドしない理由①痩せやすい体になるから

ファスティングの目的は体の毒素を排出してデトックスすることなのですが、このときに体に溜まっていた太る原因物質を体から取り除かれるので、痩せやすい体を作ることが出来ます。ファスティングで痩せると、筋肉量はやや落ちるのですが、その分、細胞が活性化され代謝はUPしてますので、トレーニングを始めると以前よりも筋肉がつきやすくなっていますので、より痩せ体質になるのです。

画像: リバウンドしない理由①痩せやすい体になるから

リバウンドしない理由②よく噛んで食べるようになるから

数日間ですが、内臓を完全に休めた状態で復食を始めるので、次に食べるものには気を付けるようになります。加えて、断食後は体が食べ物を受け取りづらい状態ですので、たくさん食べたいと思っても、それを胃が受け付けません。ファスティングをやったことのある人ならわかるでしょうが、復食のおかゆですら時間をかけて食べるようになるのです。
これにより、ゆっくり時間をかけて&よく噛んで食べる習慣が出来ることで、少ない食事でも満腹感を覚えるようになるのです。

画像: リバウンドしない理由②よく噛んで食べるようになるから

おわりに

ファスティングダイエットを行った人は、必ず今までの自分の食生活を振り返ります。
そして、自分がどれだけ飽食だったか、どれだけ不摂生だったかを省みます。
復食で久しぶりに食べたお味噌汁、味気のないおかゆが不思議と美味しく感じます。
食べることへの認識が変わると、身体だけでなく、心のリバウンドを防げることもあるのです。リバウンドを防ぐのは、私たちの心一つなのです。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.