そもそも「セラミド」とは?

セラミドとは、肌の細胞と細胞の間に存在する、潤いを保つ成分です。
水分を抱え込む性質があるので、肌の潤いをキープし、乾燥を防いでくれるという嬉しい効果があります。ただ、悲しいことに、セラミドは紫外線や摩擦などの刺激、また加齢などによって減少していきます。セラミドの量が減ると、肌は乾燥し、ツヤ・ハリ、潤いがなくなってしまいます。だからこそ、毎日のスキンケアによって、セラミドを補充してあげる必要があるのです。

画像: そもそも「セラミド」とは?

セラミドの持つ美肌効果!

セラミドはお肌に対してありがたい効果をたくさん持っています。その中でも、代表的な効果が以下の3つです。

①高保湿効果
保湿成分はたくさんありますが、セラミドの保湿成分は群を抜いています。
ただ保湿するだけでなく、肌の水分蒸発を防ぎ、潤いを保ってくれます。

②アンチエイジング効果
セラミドは潤い効果だけでなく、抗酸化作用もありますので、活性酸素によって生まれるしみやしわなどを防いでくれます。

③バリア機能回復効果
セラミドは外部からの刺激をブロックし、肌本来のバリア機能を引き出す力を持っています。外部からの刺激によって低下しがちなバリア機能を回復することで、強く美しい肌へと導きます。
画像: セラミドの持つ美肌効果!

セラミド配合スキンケア用品の選びのポイント

「セラミド配合」と表示されているものであっても、配合量やセラミドの形によって、セラミドの持つ効果が十分に発揮されないものも多く存在します。
そこで、セラミドの持つ効果を十分に肌に与えるために、セラミド配合スキンケアの選ぶポイントをご紹介します。

画像: セラミド配合スキンケア用品の選びのポイント

ポイント①「ヒト型セラミド」を選ぶ

セラミドには4つの種類があります。なかでもおすすめな種類が「ヒト型セラミド」です。ヒト型セラミドは、人間の持つセラミドと似た構造につくられていますので、肌の奥に浸透しやすく保湿力が抜群に高いのです。さらに、低刺激で肌にも優しいのもおすすめポイントです。
  
  

ポイント② 配合量が多いものを選ぶ

当然ですが、セラミドの効果を十分に得るためには、配合量が多いものを選びましょう。
化粧品の配合量というのは、成分表示の順番と比例していることがほとんどですので、成分表示の10番以内に「セラミド」が表示されているものは、高配合と思ってよいでしょう。
 
 

画像: ポイント② 配合量が多いものを選ぶ

おわりに

セラミドはたくさんの保湿成分のなかでも群を抜いて効果的な保湿成分です。しかし、肌の中に備わっている潤い成分はセラミドだけではありません。セラミドに加えて、ヒアルロン酸、アミノ酸などの肌に備わっている他の保湿成分も一緒に摂取することで、より高い保湿効果を得ることが出来ますよ。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.