職場や電車の中で、人の口臭が気になる事はありませんか?この記事を読んでいる人の中には、もしかしたら自分の息が臭くないか気になっている人も存在するかもしれませんね。

口の中にはたくさんの細菌が住みついています。食べかすや歯垢などが残ってしまうと細菌の増殖に繋がり、結果として虫歯ができます。それが口臭の原因になる事は有名です。こまめに歯磨きをしていても、どうしても口臭を感じてしまう場合は、レーザーによる治療で口の不快感をなくせるそうです。

レーザー治療でどうして口臭が消えるの?

画像: レーザー治療でどうして口臭が消えるの?

口臭をなくす方法として、レーザー治療がある事を説明しましたが、今、これが注目を集めています。口のなかで嫌な臭いを発生させるもとをやっつけ、クリアな息を生み出す手助けをしてくれると言われています。

このレーザー治療は、まだ限られた歯科や医院でしか行われていません。しかし、そのやり方を取り入れるクリニックは、現在増加傾向にあります。人工的に作り出した高出力の光を利用して、特定の菌だけを減少させることが可能なため、余計な部位を傷つけません。今は10種類ほどのレーザーを用いた治療方法があるそうなので、医院で自分にあったものが何かを相談しながら行うと、よりメリットを感じやすくなるはずです。

レーザー治療は痛みを感じず治療ができる

画像: レーザー治療は痛みを感じず治療ができる

食べカスでも発生しやすい口臭ですが、実は虫歯だけでなく、歯周病にかかる事でも臭いの原因となるガスが出やすくなります。そのため、口臭をなくそうとした場合、虫歯と歯周病、両方を治していかなければいけません。

このレーザー治療を行うことで、虫歯や歯周病の進行を抑えることもできます。また、通常の歯科技術とは別のアプローチをするため、止血効果に優れ、痛みをほとんど感じません。あのドリルの音がどうしても嫌!という人には、おすすめの方法かもしれませんね。

しかし、このレーザー治療にもデメリットが存在します。それは、保険の適応がされてない点です(2016年9月)。ネオジグヤムレーザーを使って虫歯を治したり、歯周病の歯石除去を行う場合だけは例外となりますが、それ以外はお金がかかってしまうところが難点でしょう。実際の価格ですが、歯周病レーザー治療は3,000円からとされており、虫歯の場合はトータル数万円かかってしまうケースもあるようです。

口臭が気になるならクリニックへ行ってみましょう

画像: 口臭が気になるならクリニックへ行ってみましょう

保険が効かないという点で、どうしても躊躇してしまう人もいるかもしれません。しかし、レーザー治療をうまく活用することで、痛みを感じず、その後、口臭を気にしなくて済む人だっています。

もし、ひどい口臭が悩みの種なら、思いきって専門機関のドクターに相談をしてみましょう。レーザー治療だけでなく、臭いを防ぐ方法を色々と教えてくれるはずです。まずは行動あるのみです!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.