エステティックの本来の位置

エステやフェイシャルマッサージで「痩せられる!」「キレイになれる!」と思っている方がまだまだ大勢います。しかし、エステの本来の位置はダイエットではありません。エステティックは、人肌による心地よいスキンタッチの快刺激によって、心身共にリラクゼーション効果をもたらすものです。もちろん、ダイエット効果や美肌効果を目的としたエステもありますが、基本は「心身にリラクゼーション効果をもたらすもの」なのです。

画像: エステティックの本来の位置

身体よりも心へと効かせることがメイン

ですから、エステによる大きな体型変化などは期待してはいけません。
確かに、さすったりなでたり、軽く叩くなどの刺激は皮膚表面の下の筋肉にまで届き、血液やリンパ液の流れを促します。これにより、新陳代謝が活発になり、老廃物の排泄や有効な美容成分の浸透をサポートする働きはありますが小顔になりたかったり、美肌になりたかったり、部分痩せしたかったり、そういった効果よりもリラクゼーションという効果を得る方が大きな目的なのです。しかし、回数を重ねて通うことで、全身の筋肉がほぐれ、血行が良くなれば、痩せやすい体質へと向かうことは間違いありません。

画像: 身体よりも心へと効かせることがメイン

お家でセルフフェイシャルマッサージ

プロの施術には当然劣りますが、お家でセルフフェイシャルマッサージも、上記でご紹介したような効果を得ることができます。自己流のマッサージはルールを守らないとかえって肌に負担をかけますので、注意も必要です。以下、セルフマッサージのポイントをご紹介します。

ポイント①力を入れ過ぎない

皮膚に力を入れすぎると過度な摩擦が起こり、赤味や色素沈着を引き起こす原因になります。それだけならまだしも、筋肉に力を入れ過ぎると筋繊維が断裂し、たるみやしわを増やしてしまうことも…。マッサージの際は、血液やリンパの流れを促すことを意識しましょう。

ポイント②オイルなどの潤滑剤を使用

肌の上に長時間のせていても平気なクリームやオイルなどを使用することで、皮膚の摩擦を抑えることができます。
まず、お肌にオイル塗布したら、耳の下や鎖骨の上下にあるリンパ節を軽く刺激しましょう。リンパ液は皮膚表面のすぐ下に流れているので、押したりせずに、さするような刺激で十分効果があります。

画像: ポイント②オイルなどの潤滑剤を使用

おわりに

本格的なマッサージを受けたいときにはやはりプロの手に任せるのが安心です。サロン毎、エステティシャン毎にマッサージは特徴が出ると思い ますが、やはりあまりにも強く痛みを伴うのであればどんな目的で行っているのか確認をした方がよいでしょう。自分の考えに合ったサロンを選び、安心して身を委ねることができてこそマッサージの本当の効果を得ることができるのではないでしょうか。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.