美白化粧品の代表成分「ビタミンC誘導体」

今や、美白成分の代表成分と言えば「ビタミンC誘導体」ですよね。
ビタミンという成分は、様々な面から見ても非常に優れた成分なのですが、水分に流れやすく熱に弱いという大きなデメリットがあります。この性質から、ビタミンを化粧品として配合することが困難なことから、ビタミンを誘導体にすることで安定化させ化粧品に配合できるようになりました。ビタミンC誘導体といっても、成分が変わったのではなく、成分が壊れることなく体内にビタミンCが入るという構造なのです。

画像: 美白化粧品の代表成分「ビタミンC誘導体」

美白化粧品は成分が強いものほど肌乾燥を導く

ビタミンC誘導体が美白化粧品に多用される理由の一つに、メラニンが作られるのを邪魔する作用があります。さらに、メラニン色素を還元させる働きもああることから、美白に優れた効果を発揮するのです。しかし、ビタミンC誘導体は美白効果が高い分、比較的肌への刺激が強い成分なので、肌乾燥を促してしまうのです。
つまり、肌を美白へとサポートする反面、肌を乾燥させてしまうというデメリットもあるのです。

画像: 美白化粧品は成分が強いものほど肌乾燥を導く

乾燥する秋冬は刺激が少ない成分に変えてみる

上記のことから、乾燥する季節はいつもより刺激の弱い美白化粧品を選ぶ必要があります。
そこで、乾燥する秋冬におすすめの美白化粧品の成分が「アルブチン」です。
アルブチンはハイドロキノン誘導体とも呼ばれている成分で、肌に吸収されるとメラニン生成を邪魔する働きをします。さらに、アルブチンは肌への刺激が弱く、ビタミンC誘導体よりも肌に優しいのが特徴です。

刺激が弱いものは効果がないのでは?と思われるかもしれませんが、刺激が強いからといって効果があるというわけではありません。むしろ、肌に刺激を感じるものは、自分の肌に合っていない証拠です。

基本的に美白化粧品は他の化粧品よりも肌への刺激が強い成分が入っていることが多いので、なるべく肌への刺激が少なく、肌に優しい成分のものを選びましょう。

画像: 乾燥する秋冬は刺激が少ない成分に変えてみる

おわりに

秋冬などの乾燥する季節は、ただでさえ肌がダメージを受けやすい状態になっています。
人の肌というのは、水分量と油分のバランスが整っていることで肌のバリア機能を維持することが出来るので、乾燥により肌の水分量が低下すると肌のバリア機能は低下してしまうのです。乾燥した肌はダメージを受けやすいだけでなく、美白有効成分の浸透率が低下します。肌のバリアの機能を向上させ、美白有効成分を浸透させるためには、十分な保湿を心がけることが大切なのです。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.