あの人と両思いになりたい!でも…

画像: あの人と両思いになりたい!でも…

職場で、趣味の交流会で…何気なく目が合ったあの人に、甘酸っぱい片思いをしてしまった。そんな経験のある女子はいませんか?両思いになりたい!と思っていざ実践しようとしても、なかなか勇気が出ないもの。

その自信のなさはおそらく、「どうしたら彼を振り向かせられるか分からない」という不安が根底にあるためだと思われます。今回この記事では、相手の気持ちを自分に向けさせるために、気をつけたいポイントをいくつかまとめてみました。

人は見た目で印象がだいぶ決まる

画像: 人は見た目で印象がだいぶ決まる

ところでみなさん、人の見た目は相手に対し、どれくらいの割合でインパクトを残しているか知ってますか?この研究は随分前、「メラビアンの法則」というもので具体的な数値として証明がされています。

それによると、人が他人に与える影響は、話の内容といった言語情報が7%、声のトーンや喋り方などの耳からの情報が38%、そしてなんと!ファッションなどの外見からくる視覚情報が55%の割合で人の印象を決めているという証明されたのです。つまり、相手から好意を得たいと思ったら、その人が「いいな」と思う装いをする必要があります。

では、どんな色の服が男性は好きか?

見た目が意中の人に与えるインパクトは、かなり大きい事を理解して頂けたのではないでしょうか。では、好きな人と話す機会が得られたら、外見上、どんなことに気をつければいいのでしょうか?
それはずばり、「身につける色に注意する」事です。とある統計データによれば、男性が好きな色は赤、ピンクといった暖色系や、ベージュやホワイトなどの落ち着き・無垢なイメージを喚起しやすい色となっていました。

逆に、青のような寒色系はあまり親しくないうちは避けた方が無難です。人によってはクールな印象を持たれるカラーですが、まだ恋愛も始まってない段階でこの色を選ぶと相手の気持ちをトーンダウンさせてしまいます。

恋愛は燃え上がってなんぼです。ですので、できるだけ暖かみのある色を身に纏う事をおすすめします。

メイクだって気を抜かないで!

画像: メイクだって気を抜かないで!

見た目のファクターは、何もファッションだけではありません。メイクも男性受けするやり方をしていかなければ、どんなにメンズが好きな色を取り入れたって意味がありません。

男性が好みやすいメイクは、ずばり!ナチュラルメイク。化粧下地は自分の肌質にあった物を使っていくと、その後、ファンデーションを厚塗りせずにすみます。また、パールの入ったコスメを使う事はできるだけ避けてください。「自然な顔」という感想をもたれにくくなります。

アイシャドーは男性が好きなブラウン系を用いる事で、無理のないメイクが仕上がります。ちなみに、ピンクなどの暖色系は別名・膨張色とも言われ、瞼が腫れぼったく見える原因になるそうです。メンズに好かれている色ですが、こちらの使用は控えましょうね。

まとめ:努力は必ず報われると信じて!

メラビアンの法則をベースとして、好きな人と両思いになる方法をお伝えしました。皆様のお役に立てたでしょうか?

今は色々なデザインの洋服が、ちまたでは溢れています。色合いだけでなく、自分の体型にフィットするワンピースなどを選んで、彼をあなたの虜にさせちゃいましょう!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.