今話題のヨーグルト断食って?

ヨーグルト断食とは、名前の通りヨーグルトだけを食べるプチ断食方法です。
だいたい月に1度、約2日間、ヨーグルトと水のみで過ごすことで腸を休ませ、デトックスする効果があります。
腸を休ませるので体がスッキリするだけでなく、個人差はあるものの平均で1~3kgの減量が確実に出来るという効果もあるのです。
では、もう少し詳しくヨーグルト断食の効果をご紹介します。

画像: 今話題のヨーグルト断食って?

効果① 自律神経を整える

ヨーグルト断食は、ただ腸内環境を整えるだけでなく、自律神経を整える作用もあります。
私たちは日々の生活の中で感じるストレスなどによって、自律神経が乱れがちになっています。この自律神経の乱れは、脂肪燃焼の働きが鈍くし、痩せにくい体質を促してしまうのです。

画像: 効果① 自律神経を整える

効果② 筋肉を落とさず脂肪を燃やす

体重を減らしたいと思うと、まず真っ先に思い浮かぶ方法が「食べない」ということです。確かに、食べなければ体重は減るでしょう。しかし、食べないダイエットは体重だけでなく、必要な栄養まで失われ、肌が荒らしたり、すぐにリバウンドしたりと、逆効果な結果を導く確率が高いのです。
しかし、ヨーグルトの場合、ミネラルやタンパク質が豊富に含まれていますので、筋肉を落とさず体重を減らすことが出来るのです。

画像: 効果② 筋肉を落とさず脂肪を燃やす

効果③ 体重が確実に1~3kg痩せる

ヨーグルト断食の大きなメリットは、2日間行うことで平均1~3kg体重を落とすことができることでしょう。
もちろん個人差はあるものの、断食方法をしっかりと守っていれば、1kg以上は確実に減るといわれております。

画像: 効果③ 体重が確実に1~3kg痩せる

効果③ 老廃物をスムーズに排出

体内では日々、不要になった老廃物が溜まっていきます。
この溜まった老廃物を排出することをデトックスとも言います。これにより、体内環境が正常になり、体調も整うのです。
また、ヨーグルトには腸内の善玉菌を増やす作用もありますので、腸内環境の健康を保つためには日頃から摂取したい食べ物でもあります。

画像: 効果③ 老廃物をスムーズに排出

おわりに

断食は辛いイメージがありますが、ヨーグルト断食は2日間で十分なので、断食に失敗してしまった経験がある人でもチャレンジすることが出来ます。
食べるヨーグルトの種類は問いませんが、しいて言うならば無糖のヨーグルトを選ぶのが良いでしょう。また、腸内環境の乱れを強く感じている方は、プロバイオティクス系のヨーグルトがおすすめです。
ヨーグルトは種類によっても味わいや食べごたえが変わりますので、自分に合うヨーグルトを探しましょう。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.