1日ファスティングで体のメンテナンス!

ファスティングは最低でも2日~3日やらなければ効果がない!と思われていますが、決してそんなことはありません。

ファスティングにチャレンジしてみたいけど「2~3日はちょっと自信がない…」という方は、まずは1日断食に挑戦してみてはいかがでしょう。
1日断食は体重を減らすというよりは、前日の食べ過ぎで胃腸が荒れ気味だったり、アルコールが抜けなかったりといった、体の状態を正常に整えるというメンテナンス効果が期待できます。

では、1日断食のポイントをご紹介します。

画像: 1日ファスティングで体のメンテナンス!

ポイント① 前日の食事は20時までに!

前日の食事は、翌日の断食に大きな影響が出ます。
というのも、人間の体には、消化と代謝のリズムがありますので、このリズムが崩れると消化と代謝がスムーズに行われません。そこで、消化と吸収をスムーズに行い、翌日の腸内を出来るだけキレイな状態にするために、1日断食の前日の食事は20時までに終わらせましょう。20時までに食事を終わらせることで、翌日の酵素を節約することが出来ます。

画像: ポイント① 前日の食事は20時までに!

ポイント② 1日の食事を酵素ドリンクに置き換える

1日断食のスタートです。1日断食中は、食事を酵素ドリンクと水に置き換えます。
タイミングとしては、お腹が空く前に酵素ドリンクを飲みます。

普段の食事とは違い、1度に1食、つまり1杯と決めるのではなく、お腹が空きそうになったら飲むを繰り返しましょう。食事と違って、酵素ドリンクは非常にカロリーが低く、消化にもほとんど酵素を使わないので、安心して飲んでください。

基本的に寝る前までこの状態なのですが、1日断食を実践して、2日目もいけそうだと感じたら、断食期間を延長するのも良いでしょう。

画像: ポイント② 1日の食事を酵素ドリンクに置き換える

ポイント③ 回復食は消化吸収の良いものを!

1日断食の翌日は胃の中がほぼ空っぽの状態ですので、いつも以上に吸収率が良くなっていますので、ここでお肉や炭水化物といったものを食べてしまうと、胃腸がびっくりするだけでなく、脂肪がつきやすくなります。ですから、翌日の朝食は酵素ドリンクやフルーツなどを摂取しましょう。
最低でも、普通の食事はお昼から!また、1日断食後2~3日は、油分の多いメニューは控え、消化の良いものを食べて下さい。

画像: ポイント③ 回復食は消化吸収の良いものを!

おわりに

1日断食後は、消化の良いおかゆを食べたり、食事の量を少なめにして、徐々に食事の量を通常の状態に戻していくことが1日断食を失敗させないポイントです。また、復食期間中はアルコールも避けた方が良いでしょう。

たった1日だけでも体の中からメンテナンスが出来ますので、週に一度、試してみてはいかがでしょうか?

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.