近年、いわば定番のダイエット法として広まっている「酵素ダイエット」。ドリンクやサプリメントなどを試してみても、なかなか痩せない、思うような効果が実感できないという方も少なくないようです。一体なぜなのでしょうか?

酵素ダイエットとは

まずはじめに「酵素」というのは、人間の体内で消化や代謝など、人が生きるうえで大切なあらゆる体の働きに関わっています。

人間の体内にある主な酵素は、消化に関わる消化酵素と、ダイエットに関わる代謝酵素に分けられます。そのため、酵素が不足すると、消化不良や肌トラブル、そしてやる気が起きないなど心身ともに不調が起こりやすくなるといわれています。

通常、体内で生成される酵素の量は年齢とともに減少してしまいます。年々減っていく酵素を食べ物(=食物酵素)から補給し、燃焼力アップをサポートする健康法が「酵素ダイエット」なのです。

では、酵素を補給してもなかなか痩せない、効果が実感できないという人は何が原因なのでしょうか。

酵素ダイエットの正しいやり方

痩せやすい体質を手に入れ、美肌や健康効果も期待できる理想的なダイエット方法である酵素ダイエット。

実は本来、食生活の8割を火を加えない野菜などの生食(ローフード)や発酵食品を取り入れれば、酵素不足を解消できるといわれています。まずは普段の食生活の改善から心がけてみましょう。

とはいえ、仕事や家事にと大忙しな現代女性にとっては、なかなか難しいことかもしれません。そこで、酵素ドリンクやサプリメントを取り入れることで、手軽に効率良く不足した酵素を補給酵素します。

あくまで、普段の食事で自然な酵素を取り入れることを心がけながら、「補助」として取り入れるというスタンスがベター。

画像: 酵素ダイエットの正しいやり方

このように普段の食生活にプラスして取り入れるほか、下記のようなやり方もあります。

1. 1日3食中の1食を酵素ドリンクのみに置き換える方法
2. 1日3食全て酵素ドリンクに置き換える方法
3. 2~3日3食全てを酵素ドリンクに置き換える方法

期間が長くなるほどきつくはなりますが、3日続けると体内がクリアになって内臓機能も回復し、集中力も高まり頭がすっきりとしてくるような効果が期待できます。

酵素ダイエットをしても痩せない場合の理由

<熱を加えすぎている>

酵素を意識した食事を自分でつくる際にはもちろん、酵素ドリンクやサプリメントを摂取する際にも注意したいのが、加熱について。

酵素は生きているため、熱に弱い性質をもち、加熱によって酵素が死滅してしまいます。
食材においては、生野菜や果物などから酵素を摂取するようにするのがおすすめです。

また、酵素ドリンクは清涼飲料水に分類され、実は加熱処理がなされたものが多いのです。酵素ドリンクやサプリメントを選ぶ際には、加熱処理の状況を気にして選ぶようにしましょう。

また、薄めて使用するタイプの酵素液は、同じく熱湯だとせっかくの酵素の効果を得られなくなってしまうため、なるべく水で希釈して摂るようにしましょう。

 

<極端に食生活をセーブしすぎる>

急に食事をセーブしたり、酵素ドリンクだけの食生活を行うと、体がびっくりしてしまい逆に不調が起きてしまうような逆効果となることも。

酵素ダイエットを行う3~7日間ほどは普段の6~8割程度の食事にするようにしましょう。
量はもちろん、前述したように野菜や果物中心にして食材からも酵素を摂るようにするとさらにダイエット効果が期待できます。

また、水分は普段よりたっぷりと摂るように心がけましょう。

画像: <極端に食生活をセーブしすぎる>

<運動を全くしない>

食事を気をつけるようにしたり、酵素を摂取するようになってもなかなか痩せないという人の多くの理由が、運動不足。

適度な運動を取り入れることで、より内臓機能も高まりより酵素が活性しやすくなります。結果として、脂肪燃焼効果がアップしてダイエット効果がさらに期待できるようになるのです。

おわりに

酵素ドリンクに食事を置き換えるダイエットを行った後にも、普段の食生活で酵素を摂るようにしたり、酵素ドリンクやサプリメントで補い続けることが、痩せやすく若々しい体を維持する秘訣でしょう。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.