肌の潤い成分は3つ

本来、肌には自ら潤いを保つことで肌の健康を保つ作用を持っていることをご存知でしょうか?肌の潤いを保つ3つの 成分は以下の3つです。

① 皮脂

皮脂は皮膚表面で汗と混ざり、皮脂膜を形成することで肌を乾燥や刺激から守る役割があります。皮脂が不足すると、皮脂膜が形成出来なくなり、肌の乾燥だけでなく雑菌の侵入を許してしまうのです。

② 天然保湿因子

天然保湿因子は角質細胞内に存在している水分を保つ成分です。
天然保湿因子が不足すると、角質内の水分が減少しますので、肌のハリツヤが失われます。

③ 細胞間脂質

細胞間脂質はセラミドに代表される潤い成分で、角質細胞の間で細胞同士を繋げる役割があります。細胞間脂質が不足すると、細胞同士を繋ぐ力が弱くなりますので、細胞に隙間が出来てしまいます。

これらの潤い成分が減ると、皮膚のバリア機能が低下し、様々な肌トラブルを招くのです。

画像: ③ 細胞間脂質

カサカサお肌をもちもちお肌へ

乾燥した肌に潤いを取り戻すには様々な方法がありますが、今回は2つご紹介します。

① 新陳代謝を上げる

新陳代謝を上げるとターンオーバーが活発になります。
正常なターンオーバーは健康な肌を作るうえで欠かせない期間です。このターンオーバーに日数がかかるほど、肌の生まれ変わりも遅くなるのです。
新陳代謝を高めるためには、血行を促進させる入浴、または軽い運動が非常に効果的です。

② メイク落としを使い分ける

メイク落としには様々な種類があります。
オイルタイプ・クリームタイプ・ジェルタイプ・シートタイプなど。あなたはメイクを落とすとき、どの種類のクレンジングを使っていますか?
もしかするとあなたが使っているクレンジングがカサカサ肌を促している可能性があります。たとえば、オイルタイプのものはメイク汚れは落ちますが皮膚は乾燥しやすいデメリットがあります。また、シートタイプは手軽ですが、しっかりと落とし切れないというデメリットがあります。
どれがダメでどれが良いのではなく、メイクの濃さや肌の状態に合わせてクレンジングを使い分けることがポイントなのです。

画像: ② メイク落としを使い分ける

ビタミンを摂取して体の中から乾燥をブロック

強い肌を作るためには、スキンケアなどで外部から潤いチャージするだけでなく、内側から潤いをチャージすることも重要です。

内側から潤いをチャージするためには、乾燥肌に効く食べ物を積極的に食べることです!
乾燥に効くといわれている食べ物には、豚肉・玄米・ゴマ・ナッツなどがあります。

これらの食べ物に含まれる「ビタミンA」には、角質層の保湿を維持する作用があります。さらに、新陳代謝を高める「ビタミンB」、 は血液の循環を良くする「ビタミンE」などが、乾燥した肌に潤いを与えてくれるのです。

画像: ビタミンを摂取して体の中から乾燥をブロック

おわりに

乾燥に効く食べ物があるように、乾燥を招く食べ物もあります。
それが「白砂糖」です。白砂糖はビタミンB不足を招く大きな原因になりますので、とくに乾燥肌の人はご注意ください。甘いものが食べたいときは黒砂糖やはちみつが使われているものを選び、身体の中から乾燥を防ぎましょう!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.