大人ニキビは女性の敵!

ニキビは女性を悩ませる代表的な肌トラブルの一つです。
ぽつんと肌に1つ出来ただけでも、気分が下がることから、肌だけでなく心も傷つきます。
ただ、ニキビに限らず大人の肌トラブルは体の不調を現すサインです。
10代の頃に出来ていたニキビ違う、大人ニキビの原因とは?

画像: 大人ニキビは女性の敵!

大人ニキビのメカニズム

10代の頃に見られたニキビは、いわゆる「春期ニキビ」というもので、過剰な汗や皮脂の分泌が原因で出来ます。思春期ニキビの有効な改善方法は、丁寧なスキンケアで毛穴の詰まりを除去し、肌を清潔に保つことで落ち着きます。

しかし、20代以降になってからできる「大人ニキビ」は、肌のターンオーバーが乱れることによって出来ます。ターンオーバーが乱れると古い角質が毛穴を塞ぎ、状態が悪化すると、ただ肌を清潔に保つだけでは改善できません。

肌のターンオーバーが乱れる原因には、色々なことが考えられます。

これらの原因を改善しなければニキビはなかなか治らず、それどころか繰り返し同じ個所に出来てしまうのです。では、ターンオーバーが乱れる原因とは?

画像: 大人ニキビのメカニズム

原因① 栄養不足

食生活の乱れはターンオーバーの乱れと密接にかかわっています。
栄養不足になると高確率でターンオーバーが乱れます。

栄養とはとくに「野菜」です。野菜には、ビタミン・ミネラルなどの肌荒れのケアや予防に欠かせない栄養素がほぼ全て含まれているのです。

肌の状態を整えるために必要な栄養素にビタミンC、ビタミンA、ビタミンEなどがありますが、特にニキビの改善に大きく影響するのがビタミンB群です。
たとえば、ビタミンB2には、肌や粘膜の健康を保つだけでなく、脂質の分解、皮脂分泌のコントロールもサポートする働きがあります。

画像: 原因① 栄養不足

原因② 腸内環境の悪化

腸内環境が悪化すると、腸内に悪玉菌が増えるので、溜まった老廃物がうまく排出できていない状態となっています。これは腸内だけでなく、体や皮膚全体の機能を低下させ、ニキビはもちろん様々なトラブルを引き起こします。また、腸内環境が悪化すると免疫力も低下するので、ニキビや肌荒れが治っても、またすぐに肌が荒れます。

腸内環境を整えて免疫力を高めるためには食物繊維の摂取が欠かせません。
ビタミンやミネラルと同じく、食物繊維も毎日摂取することが大切です。

画像: 原因② 腸内環境の悪化

青汁が大人ニキビを改善する理由

上記のことから、ニキビや肌荒れには、ビタミン・ミネラル・食物繊維といった必要な栄養を摂取し、腸内環境を整えることが非常に有効な改善方法なのです。
そこで、その全てを解決するものが「青汁」なのです。
青汁には豊富な食物繊維、ビタミン、ミネラルなどの栄養が詰まっており、腸内環境をキレイにする作用を持っています。それ以外にも青汁の効能はこんなにたくさんあります。

【青汁の効能】
① 便秘・便通を改善
便通を改善することで、体内の毒素を排出します。

② 腸内環境を改善
腸内環境を整えることで、免疫力を上げます。

③ 糖質の吸収を抑制
糖質の吸収を抑えることで、太りにくい体をサポートします。
画像: 青汁が大人ニキビを改善する理由

おわりに

便秘気味の方が青汁を選ぶ際、ケール・大麦若葉・明日葉を原料とした「水溶性食物繊維」の青汁がおすすめです。

便秘気味の方は硬い便であることが多いです。水溶性食物繊維は、水分に溶けるとゲル状に変化し、硬くなった便に吸着します。これにより、便通をスムーズにさせるので、無理に排便させるのではなく、自然にスッキリした排出をお手伝いしてくれるのです。

青汁を飲んで、大人ニキビを繰り返させない肌をつくりませんか?

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.