今やパソコンやスマートフォンのない生活が考えられないような世の中。
お仕事中にはパソコン画面を、ちょっとした隙間時間や寝る直前までスマートフォンの画面を見ているなど、一日中モニター画面を見ているという方も多いのではないでしょうか。

今回は目の疲れの大きな要因として最近話題となっている「ブルーライト」について触れながら、健康だけじゃない、美にも及ぼす悪影響について解説します。

疲れ目の原因

画像: 疲れ目の原因

「目の疲れ」の原因は、長時間パソコンやスマートフォンの画面を見続けることにより、目の筋肉に大きな負担がかかっていることが第一に考えられます。

また、最近では「ブルーライト」という言葉を耳にしたことのある方も多いはず。デジタル機器から発せられる青色光のことですが、長時間この光を浴び続けることにより目の機能低下が低下することで、目の疲れやかすみを感じるともいわれています。

そのほか、長時間パソコンやスマートフォンの画面を見ているとついつい姿勢の悪い状態になり、血行不良による肩こりや頭痛、さらには吐き気を招くことも。

さらに、まばたきの回数が減って目が乾燥しドライアイになると、目の痛みでより疲れを感じやすくなったり、ピントが合いにくくなるなど、さらに目の疲れにとっては悪循環を招くことに……。

美への影響について

画像: 美への影響について

目の疲れやブルーライトによる影響は、健康面のみならず、美にも関与してきます。

① 目の下のたるみや小じわ

目の疲れが蓄積されてくると目の周りの血流が滞り、老廃物が溜まりがちに。すると、目の下のクマはもちろん、たるみや小じわを招くともいわれています。


② 「ブルーライト」でシミができる!?

ブルーライトは「第3の紫外線」とも呼ばれ、実は通常私たちが浴びている紫外線よりも光のエネルギーが強く、より肌の奥深くにまで入り込んでしまう性質があります。

そのため、日焼けによるシミやそばかすの原因となる紫外線B波よりも色素沈着を引き起こしやすいのです。

ブルーライトを長時間浴び続けると、約1時間で色素沈着を引き起こしてしまうという研究結果もあり、これによりできたシミは、通常よりも肌に残りやすいということも明らかにされています。

 
③ 活性酸素により”老け顔”に…

老化や病気の原因のひとつともいわれている「活性酸素」も、その生成のもととなるのが紫外線とブルーライトが半数を占めているともいわれています。

②で述べたように、ブルーライトの光は肌の真皮よりさらに深部まで到達し、活性酸素の中でも最も強力に細胞を破壊する活性酸素の産生を促します。

そのため、①のような老廃物の蓄積による要因だけでなく、コラーゲンやエラスチンなどの弾力成分を破壊・減少させることによっても、たるみや小じわを引き起こしやすくなってしまうことが考えられます。

また、肌表面も乾燥やくすみを招きやすくなるので、どんよりと疲れたような老け顔に……

目の疲れを解消するためには

画像: 目の疲れを解消するためには

ブルーライトを浴び続けると、睡眠障害や肩こり、腰痛、肥満など健康にも悪影響を及ぼしてしまう恐れがあります。

気になる節のある方はもちろん、これ以上悪影響を受けないためにも、日々の生活の中でブルーライトを浴びる量をなるべく少なくする努力が大切です。

① パソコンやスマートフォン画面から離れる時間をつくる

まず第一に、画面を長時間みる習慣のある方は、少しでも画面から離れる時間を作ることです。日中仕事でパソコン画面を見っぱなしという方は、1時間に1度、10分程度の休憩を取るようにしてみましょう。

首を回したり、両肩を大きく後ろに回すなどのストレッチを行うと、コリ固まった肩の筋肉がほぐれて血流が良くなり、目の疲れもすっきりしますよ。

② 寝る前は画面を見ないようにする

寝る直前までスマートフォンを見ている方は、交感神経が優位状態になってしまい寝付きにくくなったり、睡眠の質を下げているかもしれません。少なくとも寝る前には見ないようにするなど、自分のルールを決めてみることもおすすめ。

③ ブルーライト対策グッズを使ってみる

最近では、ブルーライト対策に対応した様々なグッズが出回っています。
ブルーライトが目に入る量を軽減するレンズ使用した眼鏡や、直接パソコンやスマートフォンなどの画面に貼り付けるブルーライトカットのシールなどを活用するのも一つの手です。

いかがでしたか?
目の疲れは、ほとんどが習慣によるもの。そのまま放置しておくと、目のみならず体の疲れも取れにくくなり、精神的なストレスを増幅させてしまう恐れも。

ブルーライトによる健康、美への悪影響についても頭に入れたうえで、まずは日々の習慣から見直して、目も表情も生き生きした美人を目指しましょう♪

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.