愛されフェイスの基本

男性ウケの良い愛されフェイスの基本は「ナチュラルメイク」です。
ナチュラルといってもスッピンということではなく、スッピン風に仕上げるメイクが重要です。そこで今回は、スッピン風のナチュラルメイクのポイントをパーツごとにご紹介します。

画像: 愛されフェイスの基本

すっぴん肌をつくる

すっぴん肌とは、本当のすっぴんというわけではありません。ナチュラルメイクは手抜きメイクということではなく、きちんとメイクをナチュラルに見せることなのです。

すっぴん肌をつくりには、ファンデーションが重要です。すっぴん肌をつくるには、メイクのステップを減らすことではなく、薄付きでもカバー力があるものを選び、崩れないベースをしっかり作ることにあります。カバー力のないファンデーションであっても、何層にも厚塗りしては意味がありませんよね。

おすすめは、カバー力がありナチュラルな仕上がりになるミネラルファンデーションです。

画像: すっぴん肌をつくる

チークは薄く乗せる

近年、濃いチークをたっぷりとのせている女性を見ますが、これは男性ウケが悪いメイクの見本です。
チークの本来の役割は、肌の色を自然に血色良く見せることにありますので、チークは頬をほんのり色づかせるだけで十分です。
より自然に見せるためには、チークをつけた後、軽くティッシュで押さえて色を落とすと粉っぽさがなくなり、よりナチュラルな印象に見えます。

画像: チークは薄く乗せる

アイシャドウは肌色に近いカラーを選ぶ

アイシャドウが濃すぎるメイクは男性には良い印象を与えません。
モテる愛されフェイスを目指すのであれば、アイシャドウはなるべく肌色に近いカラーを選び、アイラインで瞳をパッチリ見せましょう。アイラインも目の周りを縁取るように描くのではなく、まつ毛の生え際をぼかしながら繋げるように描くことがポイントです。

画像: アイシャドウは肌色に近いカラーを選ぶ

ふっくらした唇

リップはしっかりと色をのせたくなりますが、そこは抑えて、出来るだけ自然色に近いピンク色のリップカラーを選びましょう。塗る際は、べったりと塗るのではなく、立体的にのせ、唇の輪郭を描きます。
ポイントは、ごく自然に近いカラーを選び、色をつけるというよりは、唇をふっくらキレイに魅せることを重視しましょう。

画像: ふっくらした唇

おわりに

愛されフェイスの基本は、くっきりハッキリとした色彩・形をつくらないことにあります。
アイシャドウだけでなく、眉毛もハッキリと描くのではなくぼかしながらつくることもポイントです。
肌を基本とした各パーツが持っている魅力を最大限に生かすことが愛されフェイスを作る上で重要なことなのです。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.