すぐにお腹が痛くなる…。お通じがさっぱり…。
そんな腸の悩みを抱えている日本人が今急増しているのだとか。とはいえ、不調をかかえつつも「病院へ行くほどではない」と思っている方がほとんど。

実は、愛知がんセンターの調査によると、この50年で大腸がんで亡くなる人は男性11倍、女性8倍にまで増加しているのだそう。
一体私達の腸内で何が起こっているのか…。
『スゴ腕の専門外来SP』が腸内フローラを整える方法に迫りました。

キーワードは腸内フローラ

お腹の様々な不調や肥満の原因は腸内フローラのバランスにあります。

腸内フローラのバランスが悪いと体内の有毒なものが出ていかないため、必須ミネラルが留まれず免疫機能が低下し様々な症状を引き起こす原因になってしまうのだとか。

画像1: キーワードは腸内フローラ

腸内フローラとは、人間の腸内にある1000種類500兆個の細菌郡のこと。
この細菌郡は人それぞれに異なりまるでお花畑のような生態系を構成しており、腸内フローラのバランスのことを腸内環境と呼ぶのだそう。

画像2: キーワードは腸内フローラ

同番組では腸内フローラについて詳しく知るため、その道の第一人者でもある理化学研究所の辨野先生のもとへ。

あなたの腸内フローラは大丈夫?

辨野先生によれば、自分の腸内フローラのバランスを知ることがとても重要なのだそう。

画像1: あなたの腸内フローラは大丈夫?

日頃のお通じに悩んでいる鈴木奈々さんの場合、善玉菌のような働きをするといわれる酪酸菌の一種が基準値の45分の1以下、そしてその腸内環境はなんと60歳代の女性のものだという検査結果でした。

そもそも、理想的な腸内環境のバランスは善玉菌:2、悪玉菌:1、日和見菌:7というもの。
このバランスが崩れ悪玉菌が増えると、将来的には大腸の大きな病気を引き起こす原因になってしまうというのだから、どうにかして腸内フローラのバランスは整えたいところですよね。

画像2: あなたの腸内フローラは大丈夫?

さらに衝撃的なのは、出産時に母親の腸内細菌が子供に伝搬されてしまうという長年の研究結果。
もはや腸内環境は、自分だけの問題ではないといっても過言ではないのです。

腸内フローラのバランスを整える方法って?

腸内フローラのバランスを整える方法は、野菜メインの食生活を心がけることや、適度な運動を行うことなのだそう。

そこで、番組内でも紹介されていた腸の名医・小林先生が提唱する腸をよみがえらせる『健美腸体操』をご紹介します。

画像: 腸内フローラのバランスを整える方法って?

【健美腸体操ランニングマン】
①座りながら走る感覚でビザとヒジを付けます。
②これを1日1回2~3分行います。

【安心してください!押せてますよ体操】
①椅子に座り左足を前にして足を組みます。
②左足の付け根の部分にこぶしを当てます。
③前かがみになりながらこぶしで押します。
④1日10回くらい行います。
これにより、つまりやすい場所を刺激することが可能なんだそう!

腸内フローラのバランスに不安を抱えている方には、ながら時間でもできる『健美腸体操』は簡単でオススメ。
他にも、日頃からヨーグルトや納豆の乳酸菌を取り入れることや、鈴木奈々さんの腸内フローラで著しく少なかった酪酸菌をサポートするサプリメントもあったりしますよ。

腸内フローラのバランスを整えることで、太りにくい体質を作ることもできるそうなので、まさに一石二長いですよね!

990円
Sponsored by Curebo編集部
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.