顔にシワがあると歳をとって見られやすいって知ってますか?

顔にシワがあると、歳をとったように見られやすいもの。年齢を重ねていくとお肌の水分量も減るため、どうしてもシワはできやすくなってしまうもの。でも、そのまま何もしなければ、ただシワの多い顔になるのを待つだけになってしまいます。

今回は自分で出来るお肌のシワ防止方法をご紹介しますので、今日から試してみてくださいね。

法令線予防にはスマイルトレーニングが効果的

画像: 法令線予防にはスマイルトレーニングが効果的

30代からできやすいとされる法令線(ほうれいせん:鼻下から口のわきに向かって伸びているシワのこと)は、とある調査によれば顔にあるだけで平均5.2歳は年が上に見られやすいとのことでした(株式会社Dr.シーラボ調査)。

法令線予防には、まず笑顔を作ることが大切です。これはスマイルトレーニングと言って、割り箸を使うことで意識して生み出せます。やり方はいたって簡単ですので、以下を参考に鏡を見ながらやってみてくださいね。

1.割り箸1本を横向きにして前歯で軽く挟んでください。
2.そのまま口角に力を入れながら横に唇を広げてみましょう。
3.割り箸を落とさないように挟んだまま、今度はゆっくりと口を閉じます。
4.これを繰り返し15分行ってください。

もし、口を動かすことに疲れたら、割り箸をくわえた状態で少し休んでみましょう。これをするだけでも表情筋を鍛えられます。自分のペースでやってみてくださいね。

額のシワはお風呂マッサージで予防しましょう

法令線と同じく、加齢とともにできやすいおでこのシワ。表情によって微妙に癖がつきやすいため、早期にシワとリをしていくことが大切なポイントとなります。

額にできたシワは、眉間から外側に向かって優しくマッサージをすることで目立たなくさせることが可能です。やり方は以下のようになりますが、お風呂に入って血行のいい状態で行うと、より効果が期待できます。バスタブでやってみてはいかがでしょうか?

1.4本の指を眉の上に当て、髪の生え際まで、5秒かけてシワを引き上げるように動かしてください。
2.次に髪の生え際から頭頂部に向かって指を動かします。てっぺんに指を持っていったら、そのままの状態を20秒キープしましょう。
3.今度は手首を使って、耳の上に力を込めて20秒、肌を押し上げてください。
4.終わったら、頭頂部で両手を組んだのち、両腕で20秒、頭を挟み込むように力を入れましょう。
5.1〜4を3セット行ってください。

食生活に気を配るとシワのできにくい体質を作れる

画像: 食生活に気を配るとシワのできにくい体質を作れる

ところでみなさん、シワはどうしてできるかご存知ですか?皮膚にはターンオーバーと呼ばれる、絶えず肌を活発する働きがあります。これがうまくできなくなると、シワが生まれやすくなってしまうのです。

それを防ぐためにはβカロテン、ビタミンC、ビタミンEといった栄養素を含む食べ物をちゃんと摂取することが大切。βカロテンは鶏レバー、うなぎ、モロヘイヤに多く含まれており、ビタミンCはレモンやオレンジなどの柑橘系、赤・黄パプリカを食べることで効率的に体内に摂り込むことが可能です。ビタミンEはアーモンドやツナ缶などに多く含まれていますので、これらの食材をサラダに混ぜるなどすると、手っ取り早く摂取できるのでおすすめと言えるでしょう。

まとめ:シワをなくして若々しいお肌を手に入れましょう

画像: まとめ:シワをなくして若々しいお肌を手に入れましょう

しっかりお肌の手入れをしたり、食べ物に気を配っておけば、
表情筋を鍛えるだけでなく、内側から美しくなることができます。継続的にマッサージなどをしていくと、顔にシワができにくくなるはずですよ。
この記事があなたの美を作る手助けになれば幸いです。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.