メイク前の準備

あなたは、乾燥している外の空気や室内からどのように肌を守っていますか?
乾燥がひどい時季に耐える肌を作るために保湿は欠かせません。
そこで、メイク前の乾燥対策をご紹介します。

① コットンパック

いつもと同じスキンケアをしていても乾燥を感じる場合、化粧水をたっぷり浸したコットンパックがおすすめです。
パック前にスチームを当てたり、蒸しタオルで、肌の血行を流すとより効果的です。

② 美容液と乳液の重ねづけ

コットンパックで肌に水分を与えたら、乳液・クリーム・オイルなどを順番につけますポポイントは、オイルなどの油分を肌に与える前に美容液をつけることです。そして、乳液と再び美容液を重ねづけし、最後にハンドプレスをして、手のひらに肌の吸いつきを感じたらOKです。

乾燥を防ぐファンデーションは?

ファンデーションには様々な種類があります。

固形のパウダーファンデーション、液体のリキッドファンデーション、 カバー力が強いクリームファンデーション、自然派のミネラルファンデーションなど。これらは種類ごとに独自の特徴があるのですが、一般的に乾燥肌にはリキッドファンデーションやクリームファンデーションが良いとされています。

ただし、リキッドやクリームタイプは粉を液体にするために界面活性剤を使用しているだけでなく、水分が多いのでほぼ全てが防腐剤入りです。これらは肌への刺激が強く、を乾燥肌を助長してしまう可能性もあるので、必ずしも乾燥に良いというわけではないのです。

ファンデーションを選ぶ際のポイントは、まず自分の肌質に合うものを選ぶことです。
乾燥を防ぐためには、どのファンデーションを選ぶかよりも、十分な保湿ケアをすることの方が重要なのです。

画像: 乾燥を防ぐファンデーションは?

仕上げのパウダーファンデーションは軽く

ベースメイクの仕上げにパウダーファンデーションを塗る人も多いでしょう。
パウダーファンデーションは肌をキレイに見せられますが、本来肌が持つツヤを奪い、乾燥を促します。
ですから、仕上げのパウダーファンデーションは、大きめのブラシで軽く塗るだけにしましょう。

画像: 仕上げのパウダーファンデーションは軽く

おわりに

乾燥を防ぐために、スプレータイプの化粧水を用いている女性がいます。
しかし、スプレータイプの化粧水は乾燥対策として、ほとんど意味をなしていません。 それどころか、乾燥を助長してしまう恐れもあります。
というのも、乾燥している肌にスプレーをすると一時的に肌は潤うものの、その水分が蒸発する際、肌の水分も一緒に奪ってしまうのです。乾燥を防ぐケアには、化粧水ではなく、セラミドなどの保湿成分が入った美容液でケアしましょう。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.