食べ物によって肌質が変わる

乾燥肌の改善はスキンケアの改善が有効だとされていますが、実は、食生活の改善も乾燥肌には有効なのです。
まず、偏った食事を続けると、以下のような事が起こります。

① 代謝機能が低下する
② 体内環境が悪化する

代謝機能が低下すると、肌の表面を守る皮脂の分泌が減り、乾燥を招きます。
また、体内環境が悪化すると老廃物が溜まりやすくなり、過剰に代謝機能が働き、これによりさらに代謝機能が低下します。
つまり、どんなに一生懸命肌スキンケアをしても、体の内部が乱れていると、肌の潤いが満たされることはないのです。
とくに、肌の乾燥が気になる方は、食生活を見直しましょう。

画像: ① 代謝機能が低下する ② 体内環境が悪化する

肌を乾燥させる食べ物や飲み物

まず、乾燥肌を悪化させる食べ物・飲み物がコチラです。

① コーヒー

コーヒーに多く含まれるカフェインには、体を冷やす作用がありますので、これにより代謝が悪くなりだけでなく、カフェインには利尿を促しますので、多くの水分が排出されることで体は常に水分不足に陥ります。

② ファストフード・スナック菓子

塩分や脂分が多いファストフードやスナック菓子は体の代謝を悪くします。
たまにならOKですが、日常的な摂取や食べ過ぎには注意しましょう。

③ 甘いもの全般

糖分が多いものを過剰に摂ると、体内環境が悪化しやすくなりますので、食べ物たけでなく、飲み物の糖分摂取にも注意が必要です。

画像: ③ 甘いもの全般

乾燥肌におすすめの食べ物

乾燥肌の改善をサポートする栄養が以下になります。

【ビタミンA・β-カロテン】皮膚の潤いを保ち乾燥を防ぎます。
【ビタミンC】皮膚や血管を強くします。
【ビタミンE】血行を促します。
【たんぱく質】皮膚のバリア機能を守ります。

これらの栄養が含まれたおすすめの食べ物がコチラです。

① 卵

卵には、たんぱく質・ビタミンAなどが含まれているだけでなく、卵に含まれる「ビオチン」には皮膚の健康を保つ作用があります。

② 納豆

納豆には、たんぱく質・ビタミンEなどが豊富に含まれています。
また、納豆に含まれる「ポリアミン」には代謝を活発にする作用があります。

③ パプリカ

パプリカはビタミンCが豊富で、さらにβ-カロテンやビタミンEなど、乾燥肌をサポートするビタミンが詰まっています。

画像: ③ パプリカ

おわりに

甘いものは乾燥肌の敵ですが、それでも甘いものが欲しいときがありますよね。
そんなときは「はちみつ」を使ったスイーツを食べましょう。
はちみつには、ビタミンC・たんぱく質・ビタミンBなどが含まれており、はちみつに含まれる「グルコン酸」には善玉菌を増やして腸内環境を整える作用もあるのです。
甘みも砂糖よりも自然でカロリーも低いので、飲み物に甘みをプラスしたいときも、はちみつがおすすめですよ!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.