正しいリンパマッサージ

リンパは体の老廃物を流すために、血液と同じくらい必要不可欠なものです。
リンパマッサージするは老廃物を流し、体をキレイな状態にするためのマッサージなのですが、実はマッサージの仕方を間違って行っている方が非常に多いのです。
中には、痛みを感じるほど強くマッサージしている人や、ぐりぐりと押したり、皮膚の色が変わるくらいの力で揉んだりしている方もいるのです。

リンパ液は体のどこを流れているかをご存知でしょうか?
リンパ液は、皮膚のすぐ下を流れているのです。なんと、体の中にあるリンパ液の約70%以上が皮膚のすぐ下を流れているのです。
皮膚のすぐ下ということは、手で軽くさするだけでも、手の刺激はリンパ液に届いているのです。つまり、リンパマッサージは強い力でマッサージする必要はないのです。

画像: 正しいリンパマッサージ

小顔をサポートするリンパマッサージ

リンパマッサージといえば、下半身、とくにふくらはぎがメジャーですが、フェイスラインにもリンパは存在します。ふくらはぎと同じように、リンパを流すことで、小顔をサポートすることも出来ます。では、簡単に出来る小顔リンパマッサージをご紹介します。
まず、血行が良くなっている方がリンパが流れやすいので、お風呂上りなどに行うことをおすすめします。以下、マッサージする順番です。

①顎から耳の付け根 →②耳の付け根から鎖骨 →③鎖骨から脇 →④頬から耳の付け根 →⑤眼の下からこめかみ。

この順番で、指の腹で流すようにさすります。
ポイントは、指先でマッサージするのではなく指の腹で優しくさすることです。

画像: 小顔をサポートするリンパマッサージ

リンパマッサージの注意

まれに、リンパマッサージをした後に体がだるくなったり、マッサージした部位が腫れたり、青あざになってしまうことがあります。これは、強く揉みすぎたことによる「揉み返し」という症状です。

これらの症状が出るということは、マッサージする力が強すぎるというサインなので、力加減を弱めておこなってください。
また、これらの症状が改善するまではマッサージは中止した方が良いでしょう。

画像: リンパマッサージの注意

おわりに

リンパマッサージは、優しく擦るようなマッサージを繰り返し行うだけですので、誰でも今日から実践できます。
また、マッサージする際に摩擦を少なくすることで、皮膚のたるみを避けることが出来ますので、マッサージオイルやクリームなどを塗ってからマッサージすることをおすすめします。
血管や筋肉の動きが鈍くなりやすい季節にこそ、リンパマッサージは欠かせません!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.