唇が荒れる主な原因

皮膚には刺激から皮膚を守る角質層があります。
皮膚の中でも、唇は角質層が薄く、皮脂腺や汗腺がないため、潤いを保つことが出来ません。つまり、唇は常に水分が蒸発しやすい状態にあるのです。そこへ、空気の乾燥や摩擦などによって、唇が荒れてしまうのです。

画像: 唇が荒れる主な原因

唇が荒れる習慣

知らずに唇を荒れさせている習慣があります。それが以下の3つです。

① 口呼吸をしている

口呼吸は呼吸の際、何度も空気が唇に触れます。例えるならば、エアコンの風を唇がずーっと受けていることと同じですので、唇は乾燥するのです。

② 紫外線を受ける

唇は肌の中でも皮膚が薄く、メラニンの量も少ないので、紫外線の影響を強く受けてしまうのです。

③ 水分不足

唇の乾燥は体内水分の不足です。唇に直接アプローチするだけでなく、体に水分補給することも忘れてはいけません。

画像: ③ 水分不足

リップクリームでケアするポイント

リップクリームにも正しい使い方があります。
正しくうことで、リップクリームが持つ役割を十分に発揮することができます。
リップクリームでケアするポイントは以下の3つです。

① 塗る回数は1日5回程度

リップクリームは塗れば塗るほど潤うというものではありません。
また、リップクリームを何度も塗ると、唇が本来持っている修復力を低下させる可能性もあります。塗る回数は1日5回程度を目安に、過度な使用は止めましょう。

② 縦方向に塗る

つい横方向に塗ってしまいますが、唇は縦向きにシワが入っていますので、それに沿って塗っていくことで、唇のシワまでしっかりと潤いを届けることが出来ます。

③ 柔らかくしてから使う

硬めのリップクリームの場合、硬い状態のまま唇に塗ると、唇にとって刺激となりますので、まずは指先や唇にしばらく当てて、リップを軽く温めてから使うようにしましょう。

画像: ③ 柔らかくしてから使う

日常の唇荒れ予防策

唇が荒れないようにするためには、日頃から唇のケアが大切です。
では、簡単に出来る予防策はコチラです。

① 唇を乾燥させない

唇の乾燥を起こす主な原因は唇の乾燥にあります。
唇が乾燥する原因は、唇をなめたり、口呼吸をしたりする事にありますので、鼻呼吸を習慣としたり、唇を舐めないといったことも大切です。
また、体内の水分不足も、唇が乾燥する原因になりますので、こまめな水分補も忘れてはいけません。

② メイクをしっかり落とす

リップメイクをした日は、唇のクレンジングを念入りに行わなければなりません。
メイク汚れは唇に荒れを引き起こす原因ともなりますので、唇専用のリムーバーなどでしっかりと落としましょう。

画像: ② メイクをしっかり落とす

おわりに

人間の唇は想像以上に繊細です。摩擦や刺激に弱く、ごしごしこするとすぐに荒れてしまいます。また、唇の皮が剥けてしまった時、キレイに剥がしたくなりますが、無理やり剥くことだけは絶対にやめて下さい。唇の荒れを整えたい時は、濡らしたティッシュやコットンで軽く撫でる様に整えましょう。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.