睡眠不足は太りやすい原因に?そうならないための3つの方法をご説明

睡眠不足に陥ると太りやすいという話、この記事を読んでいる何人かの人は聞いたことがあるかもしれません。実際、睡眠と体重増加についての関係は、医学的な面からも研究が進んでいます。睡眠時間5時間の場合、6時間以上眠っている人に比べて、体重増加が著しいことが判明しているとのことでした。

では、そうならないためにはどうしたらいいのでしょうか?今回は太りにくい体質づくりを目指すための、よりよい睡眠方法をお伝えしたいと思います。

最適な睡眠時間は6〜8時間と心得るべし

画像: 最適な睡眠時間は6〜8時間と心得るべし

人間の睡眠時間は。だいたい6時間〜8時間程度が丁度いいとされています。これには、体内で分泌されるホルモンが大きく関係しているそうです。

人の食欲や代謝を調整するホルモンには、「レプチン」と「グレリン」が存在します。レプチンは食欲を抑える働きを、グレリンは食欲促進をするホルモンですが、睡眠時間が極端になることでこれらのホルモン分泌バランスが崩れてしまうとのことでした。特に睡眠時間が短くなるとレプチンが体内であまり生成されず、かわりにグレリンばかりが多く生成されるなるため注意が必要になるようです。

もし、あなたがダイエット中で効果をより得たいならば、睡眠時間は6〜8時間くらいにとどめておきましょうね。

睡眠はそのクオリティにも気を配ることが重要

画像: 睡眠はそのクオリティにも気を配ることが重要

ところで、睡眠は寝ている時間の長ささえ守れば太りにくくなれるかと言うと、そうではありません。例えば以下のような点を感じている場合は、睡眠がしっかり取れていない可能性があります。


・ 目覚めた時にスッキリとしない
・ 疲れや精神的なストレスが寝てもずっと残っている
・ 起きてから4時間しても、眠気が残ったままである

他にも、寝ている時に頻繁に目が覚める、すぐに寝付けないなどの場合は、ちゃんと睡眠がとれていないと考えていいでしょう。寝る前にずっとアイフォンをいじっている、日頃運動をする習慣がない、お風呂に入らずシャワーだけで済ませているなどの人はこの傾向が強いそうです。気をつけましょう。

眠りが浅いことの弊害で、ストレスを溜めやすくなることが知られています。過食にはしるだけでなく、起きている間、食べ物を口にする時間が極端に長くなってしまう傾向もあるそうですね。結果、体重が増えやすい原因になりますので、適度に運動をする、就寝一時間前は光の刺激を極力浴びないなどの工夫をしていくことが睡眠の質を上げ、寝不足を解消するポイントと言えるでしょう。

睡眠障害の可能性があるなら、早めにクリニックを受診しましょう

画像: 睡眠障害の可能性があるなら、早めにクリニックを受診しましょう

ところで、あまりよく寝られない人の中には「睡眠障害」を煩っているケースがあります。厚生労働省もメンタルヘルスとして大きく取り扱っている問題で、一般成人のうちなんと5人に1人はこれを抱えていると言われています。生活習慣病の引き金にもなりやすく、太りやすくもなるので注意が必要な病気です。

睡眠障害が疑われる人の中には、普段、全く眠れないといった不眠を訴える以外にも、長時間寝てしまう、就寝時に脚がむずむずしたり火照るなどの感覚異常がある、いびきがひどい、無呼吸症候群の疑いがある人なども含まれます。該当の症状がある場合は、心療内科や睡眠外来、睡眠科を訪ねてみましょう。

しっかりと眠れることは人が生きる上で大切なこと

睡眠は人間に欠かせないものの一つ。自分は大丈夫、と思っていても、実はそうでもなかったというケースも実はたくさんあるのです。

寝不足や不眠、長期間疲れが取れないなどが続いたら、早めに病院にかかることをおすすめします。あなたの体はあなたがしっかりと守ること、それが何より大切です。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.