人間の体内の約30%がコラーゲン!

コラーゲンが非常に重要なタンパク質であることは誰しも知る事実です。
しかし、体内の約30%がコラーゲンで出来ていることはご存知でしたか?

コラーゲンはアミノ酸が細いひも状につながったコラーゲン分子として集まり、糸のようにらせん構造になっています。この構造が体内のあらゆる場所に存在します。たとえば、内臓・血管・肌などです。

体内の約30%がコラーゲンで形成されているということは、私たちの体内はコラーゲンがなければ、身体のあらゆるところで不調を起こし、それが老化現象として体内外に弊害をもたらすのです。

画像: 人間の体内の約30%がコラーゲン!

コラーゲン不足が老化を進行させる

年齢を重ねても美しさを維持したい女性であれば、コラーゲン不足により起こる弊害で避けたいことが健康被害よりも、美容被害ではないでしょうか。
コラーゲンが不足すると、生き生きとしていた肌細胞1つ1つがしわしわになります。これにより、皮膚にシワやたるみ、乾燥などが発生するのです。
これを防ぐには、コラーゲンをどんどん摂取していくことです。
コラーゲンを外側から摂っても意味がないと唱える人がいますが、コラーゲンを日常的に摂取することで体内のコラーゲン合成が活発になることは研究結果によって明らかにされています。

画像: コラーゲン不足が老化を進行させる

コラーゲンは補助食品から摂取

コラーゲンは主に、フカヒレ・牛すじ・エイひれなどの食材に多く含まれています。
このようなコラーゲンを多く含む食材を摂ることで 体内のコラーゲン合成を活発にすることができるのですが、コラーゲンを豊富に含む食材は日常的に摂取しづらい食材が多いのが現状です。

コラーゲンは食品以外でも、コラーゲンドリンク、カプセル化したサプリメントがあるのですが、毎日の継続的な摂取であれば、こういった補助食品を利用することがコラーゲン摂取には効率的ですよ。

画像: コラーゲンは補助食品から摂取

コラーゲンの合成率をUPするには?

摂取したコラーゲンは、そのままの形では体内に吸収できません。
というのも、摂取したコラーゲンは一度、胃と腸でアミノ酸に分化されます。その後、体内に吸収されるので、コラーゲンを摂取しても皮膚や体に直接浸透しないのでは?と不安に思う方もいるでしょう。その不安を解消するためには、コラーゲンの合成率を上げる必要があります。

コラーゲンは4種類のアミノ酸から構成されています。この4種類のアミノ酸は、コラーゲンからだけでなく、さまざまなタンパク質に含まれているアミノ酸です。ですから、体内にこれら4種類のアミノ酸があれば、コラーゲンが合成されるのです。
つまり、コラーゲンを摂取しても体内でコラーゲンとして活用されないかもしれないといった不安がある方は、食事の中でタンパク質をしっかり摂取するようにすると、コラーゲンの合成率がUPするので、おすすめですよ。

画像: コラーゲンの合成率をUPするには?

おわりに

私たちが想像する以上に、コラーゲンが与える皮膚への影響は多大です。
ある実験によると、乾燥肌・肌荒れに悩む女性にコラーゲンペプチドドリンクを一ヶ月投与したところ、摂取した女性たちは実験前よりも、皮膚に柔軟性となめらかさがUP、乾燥の改善が見られたそうです。

ただ、悲しいことに、体内のコラーゲン量は年齢と共に低下していきます。コラーゲン量が低下すること=老化、といっても過言ではないのです。

もしかしたら、あなたが今悩まされている老化現象もコラーゲン不足が原因かも!
男女問わず、世代問わず、私たち人間の体にはコラーゲンが絶対に必要なのです。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.