今、注目度急上昇中のおフェロメイクとは?

「色気が欲しい!」

そう切実に願っている女子って、かなり多いように感じます。そんな乙女たちにおすすめしたいメイク法が、今、雑誌の表紙モデルや女優の方の間で話題沸騰中の「おフェロメイク」です。

おフェロメイクとは「お洒落」で「フェロモン」をたくさん出せるメイクのこと。可愛い雰囲気の中にも、大人の色気を醸し出せると人気のメイク法なのです。

では、このメイクを実際やってみる場合、やり方はどうなっているのでしょうか?今回はおフェロメイクのやり方と、その注意ポイントを一気にご紹介しちゃいます!

まずはベース作りからしっかりとしていきましょう!

画像: まずはベース作りからしっかりとしていきましょう!

おフェロメイクのポイントは、何と言っても「ツヤがあること」。血色のいい肌がこのメイクのウリなので、メイク前にはしっかりと化粧水や乳液、クリームなどで保湿しましょう。お風呂に入った後にメイクをすると血の巡りがよくなるので、より一層お化粧がはえると思いますよ。

肌がしっとりしてきたら、今度は下地を塗っていきます。もし、顔のくすみが気になるならコントロールカラーを使うことがおすすめです。ピンクやブルーのコントロールカラーなどを使いながら、肌の欠点を補っていくといいでしょう。クマなどはコンシーラーでうまく隠していきましょうね。

ハイライトでピュアゾーンを美しく見せていきましょう

画像: ハイライトでピュアゾーンを美しく見せていきましょう

十分にお肌が潤ったら、次にファンデーションを使っていきます。リキッドタイプのファンデーションは、おフェロメイク特有のみずみずしい肌を実現させてくれるため、積極的に利用していきましょう。このとき、使用するファンデーションにオイルを一滴混ぜておくと、よりしっとりとした感じが出るのでおすすめです。

これが済んだら、今度はハイライトを使って透明感を肌にプラスしていきます。Tゾーンの他、目尻や鼻の付け根などの「ピュアゾーン」と呼ばれる部分にもハイライトを入れていくとベストです。ちなみに、ハイライトの色ですが、おフェロメイクをするなら白よりもピンクかベージュ系が相性がいいとされています。ホワイトカラーだとどうしても浮いた印象を相手に与えてしまうことがあるので、できるだけ控えめな色をこのメイクには使っていきましょうね。

眉はパウダー系、アイラインはペンシルを使って仕上げて

画像: 眉はパウダー系、アイラインはペンシルを使って仕上げて

さて、ここからいよいよ目元のメイクに入ります。眉は太くなりやすいペンシル系より、ブラウンのパウダー系のものでふんわりと描いてください。この時、できるだけナチュラルなアーチ形を作るように心がけてくださいね。

アイラインはリキッドアイライナーではなく、色をぼかしやすいペンシルを利用していくことが大切。目尻が長めになるようにアイラインを引いたら、綿棒でそっとなぞるようにしてぼかしてください。

ちなみに、アイシャドウはブラウンやピンク系でソフトに仕上げるとナチュラル感が出るからおすすめ!メイクをやり過ぎている感じがしないので、おフェロメイクには欠かせない色と言えるでしょう。

唇にはグロスを、チークは少し高めの位置に乗せていく

画像: 唇にはグロスを、チークは少し高めの位置に乗せていく

最後に、唇とチークのメイクについてご説明します。リップは口紅を塗りすぎず、軽く色を乗せる程度にとどめておくことがポイントです。唇の中央にだけ色をつけ、その後グロスで仕上げると、より瑞々しさがUPするので是非やってみてくださいね。

おフェロメイクで一番気をつけて欲しいのはチークを塗る時の位置になります。目の真下あたり、頬の中心よりも少し高めの位置に、ポンポンと肌に色をなじませるように乗せていくことを覚えておきましょう。発色のいいピンク系の練りチークを使うと、血色のよさそうな肌を生み出せるはず。

あえて指でチークを乗せていくと、自然な感じが出ておフェロメイクが無理のないものに仕上がります。やってみてくださいね。

かわいくてフェロモンたっぷりのメイクをお試しあれ

おフェロメイクのいいところは、かわいいだけではありません。適度な色気を感じさせてくれるところがまた魅力的なのです。

チークとリップのポイントさえおさえておけば、誰でもこのメイクを簡単に作れます。注目度急上昇中のこのメイクを、あなたも一度お試しあれ!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.