体臭のなかで、最も気になる人が多いという「口臭」。人と会話をしている時、相手の口臭が気になって幻滅してしまった……なんてこと、ありませんか?人の臭いは気になるものの、もしかしたら自分も臭っているかも!?

特に年齢が上の男性に多いイメージのある口臭。実は、意外にも女性も起こりやすいんです。
その理由と対策について、早速ご紹介します。

口臭は「女性ホルモン」が関係していた!?

画像: 口臭は「女性ホルモン」が関係していた!?

口臭の主な原因としてよくいわれているものに、以下のような原因が挙げられます。

・喫煙
・アルコール
・口呼吸
・胃腸の不調
・ストレス

しかしこれ以外に、意外な原因が。実は、私達の女性らしさを司っている「女性ホルモン」が、口臭に深く関与しているのです。

女性の体は 「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つの女性ホルモンによりコントロールされています。

この2つの女性ホルモンのバランスが乱れると様々な心身の不調が表れることがありますが、その症状の一つに口臭があります。

女性ホルモンの変化の時期と口臭の原因

画像: 女性ホルモンの変化の時期と口臭の原因

① 生理前・生理中

生理前や生理中には、免疫力が低下するのはもちろん、唾液の分泌が減って口の中が乾きやすくなります。すると口内の菌が活発に働くようになり、口臭の原因となる臭いが発生しやすくなるのです。

② 妊娠中

妊娠中に口臭が気になるようになったという方もいますが、その理由は妊娠中に増加するエストロゲンにあります。エストロゲンは、歯周病の原因となる細菌を増殖させる作用があります。

歯周病は妊娠中の女性に起こりやすい病気のひとつ。この歯周病菌が、口臭の原因となります。

③ 更年期

女性ホルモンの分泌が低下し始め、バランスが崩れやすくなる更年期に、口臭が気になるという方は多いようです。

一番の原因が、この時期は唾液の分泌量が減るため、ドライマウスになりがち。口の中が乾くことで、口臭が起こりやすくなるのです。

口臭を防ぐためには

画像: 口臭を防ぐためには

女性特有の口臭に、女性ホルモンが深く関与していることはお分かりいただけたと思います。ホルモンバランスを整えることが一番ですが、上記のタイミングでは、女性として誰もが起こりうる変動の時期なので、なかなか難しいもの。

そこで、自分でできる口臭対策についていくつか挙げてみます。


① 規則正しい生活を心がける

ホルモンバランスと自律神経は大きく密接しています。普段の生活のなかでも、十分な睡眠をとったり、ストレスを溜めないようにリラックスする時間を持つことなども大切です。

② 口の中を乾かせないようにする

唾液量の減少などが口臭を引き起こしやすくなるとお伝えしました。こまめに水分をとるようにして口の中をうるわせたり、食事の際にはよく噛んで食べるようにして唾液の分泌を促しましょう。また、口呼吸になりがちな方も要注意。

③ 歯磨きの磨き残しに注意!

毎日きちんと磨いているつもりでも、歯の汚れや歯垢がこびりついて落ちていない場合も少なくありません。

特に歯の隙間や奥歯、歯の裏は念入りに!デンタルフロスや歯間ブラシを活用し、磨き残しのないようデンタルケアを見直してみてください。

口臭だけでなく歯周病や歯肉炎予防にもなり、一石二鳥ですよ。

④ 歯医者さんで定期的にクリーニングしてもらう

口臭が気になる時期などに、定期的に歯医者さんでクリーニングしてもらうのが一番安心です。

歯垢や歯石の除去、歯周ポケットを綺麗にしてもらい、口臭だけでなく口内の病気予防にも効果的です。

また、口臭が特に強い場合などには、もしかしたら症状が現れる段階ですでに何かの病気が進行してしまっている可能性もあります。

おわりに

口臭はイヤなものですが、口内の病気はもちろん、ホルモンバランスや内臓、心身の不調などを知らせてくれるサインでもあります。

自分も周りも快適にいられるようケアするだけでなく、健康のためにも今一度口臭ケアを見直してみましょう!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.