真夏はしっかりと日焼け止めを塗ったり美白ケアに専念していたけれど、涼しくなり始め、美白ケアはもういいや……と怠りがちではありませんか?

実は夏受けた紫外線ダメージが現れはじめるのはこれから。秋のケアが未来の肌を左右するといってもいいくらい、この時期のケアは大変重要なのです。

紫外線ダメージを受け続け、さらに気温や湿度の変化により、肌の新陳代謝も滞りがちな子の時期。

過剰につくられたメラニンを排泄しきれず、蓄積されてしまうとシミやそばかすとなって肌に残ってしまいます。

そのため、夏にちゃんと美白ケアをしていたのに、秋冬になってシミが増えた気がする!ということになってしまうのです。

美しい肌を取り戻すための秋美白のポイントを解説します。

夏の紫外線ダメージが秋冬に姿を現す理由

肌は正常な場合で、約28日周期で生まれ変わります。このサイクルのことを肌の新陳代謝=ターンオーバーといいます。

しかし加齢やダメージによりターンオーバーが正常に働きにくくなると、肌内部で作られた過剰なメラニンが排泄しきれず、肌に残ってしまうのです。

日差しが弱くなったからもういいかな……と思っている今こそ、肌の内部にはメラニンがうじゃうじゃ。きちんとケアせずにそのまま放置していると、蓄積されたメラニンは固まってより排泄しにくくなり、シミやそばかすの原因となってしまいます。
そして、秋冬の時期に、夏に受けた紫外線ダメージのツケとして、突然シミやそばかすが現れたり、顔色がくすむ、なんてことに。

秋の紫外線対策と美白ケアの重要性

画像: 秋の紫外線対策と美白ケアの重要性

もちろん、真夏に比べて秋になると紫外線が弱まってきて、過ごしやすくなります。
しかし、油断は大敵!実は、シミなど色素沈着の要因となるUV-Bの量はぐっと下がるものの、肌の真皮層まで届いて小じわやたるみの要因となるUV-Aの量は、9~10月ごろまでは春先と変わらないといわれています。
UV効果のある下地を使うなどして紫外線の影響を防ぐとともに、夏よりも受ける紫外線ダメージが少ない分、美白ケアアプローチの効果を実感しやすい時期なので、今こそチャンスなのです。

まずは保湿!

画像: まずは保湿!

ここまでお読みいただいて、一刻も早く効かせる美白集中ケアをしなくては!と焦っている方もいらっしゃると思います。

しかし、肌細胞は紫外線によるダメージや、急な湿度の低下、温度変化などでバリア機能が非常に低下した状態になってしまっています。この時期、突然肌荒れが起こりやすくなった!という方もいるのでは。

このような状態では肌細胞を元気がないので化粧品成分の影響が十分に働きにくく、刺激を感じてかえって肌荒れを起こしてしまうこともあります。

この時期最も重要なのが、まず第一に十分な「保湿」。
肌にたっぷりとうるおいを与えることでバリア機能を取り戻すだけでなく、紫外線ダメージから肌を守るために硬くなった肌表面をやわらげ、化粧品を浸透しやすくする効果なども期待できます。
肌表面の角質層がうるおって和らぐと、ターンオーバーで古い角質がはがれやすくなり、肌の新陳代謝もスムーズに行われていき自然に蓄積されたメラニンが排泄されていきやすい状態となります。

美白ケアのコツ

十分な保湿を心掛けることが大前提として、美白ケアを取り入れましょう。

ビタミンCやアスタキサンチンなど、抗酸化作用を持つ成分、蓄積されたメラニンの排泄を促すような成分が配合されていると謳われているスキンケア化粧品をチョイスするのがおすすめ。

また、化粧品だけに頼らずに、美白ケアに良いとされる栄養素を、食事やサプリメントで内側から取り入れることも大切。

特にこの時期おすすめなのが、さつまいも。

ビタミンCは熱に弱い性質がありますが、さつまいもに豊富に含まれるビタミンCは、でんぷん質でコーティングされているため加熱調理をしても栄養素が壊れにくく、しっかりと摂ることができます。

甘くてほっこり腹持ちも良く、おやつ替わりとしてもおすすめなさつまいも。実は、食物繊維やビタミンB群、ビタミンE、βカロテン、ポリフェノールや鉄分など、ダイエットや美容に嬉しい栄養素がほかにもたくさん!

ぜひこの時期、美白ケアや秋バテの体調管理のためにも、積極的に食べたいですね。

画像: 美白ケアのコツ

おわりに

いかがでしたか?美肌を左右する秋のスキンケア。保湿と美白ケアをしっかりと取り入れて、夏の紫外線ダメージを一掃し、明るく輝く肌を目指しましょう♪

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.