乾燥がシミの原因になるワケ

乾燥肌とシミは、関係性としては別のジャンルのようにも思えますが、実はシミの原因にも乾燥肌が大きく関係しています。

シミの直接の原因はメラニン色素にあります。
肌がしっかりと潤っていてターンオーバーが活発であると、メラニン色素は古い角質と一緒に剥がれやすい状態になるのですが、肌が乾燥してコラーゲンが不足してしまうと、肌のターンオーバーは遅くなり、メラニン色素が肌に残りやすくなってしまうのです。
これが紫外線に次ぐ、シミの大きな原因なのです。

画像: 乾燥がシミの原因になるワケ

30代以降のシミの大きな原因は乾燥にある

シミの大きな原因が紫外線による光老化であることは多くの女性がご存知かと思います。
しかし、次に気をつけたいことが「肌乾燥」であることはご存知でしたか?

私たちの体は、年齢を重ねるほどに肌のターンオーバーが遅くなります。肌のターンオーバーが遅くなるということは、その分メラニンの排泄も遅くなります。本来であれば、正常なターンオーバーによって、古い角質とともに剥がれ落ちていたはずのシミ予備軍はそのまま肌に残りシミとなってしまうのです。

代謝が活発になるピークは20歳と言われていますので、それを過ぎると代謝は落ち続けます。しかし、肌をしっかり保湿して、角質層を整えておけば、年齢を重ねてもターンオーバーは正常に行われ、結果シミもできにくくなるのです。

画像: 30代以降のシミの大きな原因は乾燥にある

乾燥対策がシミ対策の最前提

シミを改善するために、美白成分を含む化粧水や美容液を使っている女性も多いでしょう。とくに、シミに効果的といわれるビタミンCやハイドロキノンは美白効果が高い成分です。しかし、肌に潤いが足りないと、美白成分をどんなに摂取しても成分が肌の奥までは浸透しにくいのです。

美白化粧品を使う前に、まず自分の肌に潤いが十分であるか、不足していないかを確認することが大切です。自分の肌に潤いが不足していると感じている場合、美白化粧品ではなく保湿効果の優れているものを選びましょう。

画像: 乾燥対策がシミ対策の最前提

おわりに

シミにの原因は、紫外線と乾燥の2つですので、シミを予防・改善するためには紫外線から身を守り、美白コスメを使うだけでは十分とは言えません。
紫外線対策として、日焼け止めや日傘でケアするように、乾燥対策として、保湿力が高いスキンケア用品を使うことも大切です。肌にしっかりと潤いをチャージして、保水力をUPさせ、シミの出来ない肌を作りましょう。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.