ビフィズス菌は善玉菌の一種!

腸内に住んでいる善玉菌は、ビフィズス菌・乳酸菌・納豆菌などの様々な種類があります。中でもビフィズス菌は、最も占有率が高く、善玉菌と非常に似た働きがあります。また、ビフィズス菌には酢酸をつくる作用があります。

酢酸には強い殺菌作用がありますので、腸内で繁殖する悪玉菌の増殖を抑える働きがあるのです。悪玉菌の増殖を抑えて、善玉菌を増やして、腸内バランスを整えることで健康を維持することが出来ます。

画像: ビフィズス菌は善玉菌の一種!

ビフィズス菌の効果

では、体に良い効果がある善玉菌の一種であるビフィズス菌にはどのような効果があるのでしょう?

① 整腸作用

ビフィズス菌は腸内で糖を分解するときに乳酸と酢酸がつくります。これにより、腸の中が酸性になり、悪玉菌の繁殖を抑えるのです。悪玉菌の繁殖を抑えることで、アンモニアなどの腐敗物を減らし、腸内環境が改善されると、腸の動きが盛んになり、消化・吸収がスムーズに行われます。これにより、下痢・便秘・消化不良・老廃物の蓄積などの不調の発生を抑制することが出来るのです。

② 免疫力の向上

体に存在する免疫細胞の、約7割が腸に存在しています。
つまり、腸が不調を起こすと、体の免疫は一気に低下することになります。免疫細胞は血中の白血球に存在しており、侵入してこようとするウイルスや雑菌を駆除してくれたり、人の健康に非常に大事な役割を担っています。
ビフィズス菌には腸の免疫系を刺激し、免疫細胞を活性化することで、免疫力を向上させる働きがあるのです。

画像: ② 免疫力の向上

③ 美肌効果

腸内に腐敗物が溜まると腸の働きが悪くなります。このとき、腸内では悪玉菌が多く繁殖し、悪玉菌により生まれたアンモニアなどの毒素が血中を駆け巡っています。これにより、体は不調を起こし、ニキビや肌荒れなどを発生させます。
ビフィズス菌は便秘解消の手助けをしてくれますので、肌荒れの原因そのものを改善することが出来ます。またビフィズス菌には、ビタミンKを合成する作用があるので、血液凝固を防ぎ、血行不良による不調の改善をサポートします。

④ ダイエット効果

ビフィズス菌で腸内環境が改善されて、腸がスムーズに働くようになると、消化・吸収が活発になります。すると、血行も良くなり、代謝も上がります。
代謝が上がると、脂肪燃焼も活発になり、結果ダイエットに繋がるのです。
また、腸内環境を整えると太りにくい体質にもなります。

画像: ④ ダイエット効果

おわりに

どんなにビフィズス菌を摂取しても、ストレスの蓄積や偏った食生活などを繰り返していると、ビフィズス菌は減少してしまいます。ですから、日常的にビフィズス菌が豊富なヨーグルトや乳酸菌製品などを食べましょう。ビフィズス菌や乳酸菌の中には、胃酸で死滅してしまう製品もありますので、生きたまま腸に届くビフィズス菌を選んで摂取することも大切です。
腸内で善玉菌を増やして、キレイな腸内、キレイなカラダをキープしましょう!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.