身体の中から肌ケア!

バランスの良い食事は健康を導くだけでなく、美しい肌をも導きます。
今の肌状態を改善したいとき、多くの女性はスキンケアの改善をはかりますが、同時に食生活を見直すことも必要です。
これからとくに乾燥が気になる季節に入りますので、スキンケアで保湿するだけでなく、食事から保湿をすることも重要です。そこで今回は食事から保湿が期待できる潤いたっぷりの食材をご紹介します。

画像: 身体の中から肌ケア!

① 肌に潤いを保持する「セラミド」を含む黒ゴマ

高い保湿効果を持つセラミドを食事からも摂取できることをご存知でしょうか?
そもそもセラミドとは、皮膚のバリア機能を担っている細胞間脂質の半分を占める成分のことです。

働きとしては、肌内部に水分を保持して肌を外界からの刺激から守ります。
皮膚からセラミドが減少すると、バリア機能が低下して肌が乾燥しやすくなります。

つまり、肌を乾燥から守るためにはセラミドを摂取することは必須なのです。
セラミドを食事から摂取する場合、特徴は黒色の食材を選ぶことです。
黒ごまを筆頭に、黒豆、ひじきなどの黒色のものに含まれていることが多いのです。
他にも、ほうれん草・緑茶・ナスなどにも含まれています。

画像: ① 肌に潤いを保持する「セラミド」を含む黒ゴマ

② 肌のかさつきを防ぐ「脂質」を含むナッツ

肌トラブルの原因にもなることがある脂質ですが、美容に欠かせない成分でもあります。脂質が肌から不足すると、肌がかさつくだけでなく、肌細胞や血管を作る機能も衰えます。

脂質を食べ物から摂取する場合、肉類や乳製品を率先して摂取してしまうと体重が増加してしまう可能性もありますので、ここではナッツ類などに含まれる脂質をおすすめします。ナッツは体に良い油分ですので、1日の摂取目安を守って毎日でも食べましょう。

画像: ② 肌のかさつきを防ぐ「脂質」を含むナッツ

③ ターンオーバーを促す「ビタミンA」を含むパプリカ

美しい肌を保つためには、新陳代謝を促進して肌のターンオーバーを整える必要があります。パプリカに含まれる脂溶性のビタミンAには、皮膚や粘膜の潤いを保持してターンオーバーを促す作用があります。乾燥肌の方にとって、とくにビタミンAは欠かせない養素なのです。
ビタミンA は油と一緒に摂ることで体に吸収されやすい性質を持っていますので、調理にも適しています。

画像: ③ ターンオーバーを促す「ビタミンA」を含むパプリカ

おわりに

日常の食事で体質が変化するように、肌質も確実に変化します
今回ご紹介した食材を積極的に摂取することはもちろんですが、栄養バランスが整った食事を毎日同じ時間に食べるということも大切です。
スキンケアと食事の改善のWで肌質を整えていきましょう!

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.