しじみが二日酔いにいいとされる理由って何?

しじみとは、川や湖などの淡水域に生息する二枚貝のこと。人体のバランスを保つために不可欠なミネラルとアミノ酸を豊富に含んでいるため、長らく愛されてきた食材です。

このしじみを食べると二日酔いに効果があるってこと、皆さんはご存知でしょうか?今回はそのおすすめな食べ方についてもご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

しじみは「肝臓の妙薬」とも言われている

画像: しじみは「肝臓の妙薬」とも言われている

もともと健康効果の高い食材として知られるしじみ。健康補助食品として、今までも高い人気を誇っていました。

しじみには「メチオニン」と呼ばれるアミノ酸が含まれていますが、これにはお酒の大量摂取で荒れた肝機能を正常に保つ効果があるとのこと。しじみが昔から「二日酔いに効果がある」「肝臓の妙薬とも言われている」のには、この栄養素の存在が大きいようですね。

また、アルコールに含まれる成分をしっかり分解するためには、睡眠をしっかり取ることが不可欠です。しじみの有効性をより強く感じたいなら、飲み会の後は早めの就寝することをおすすめします。

しじみに含まれるアラニンやグルタミンも二日酔いには効果的

画像: しじみに含まれるアラニンやグルタミンも二日酔いには効果的

先ほどお話したメチオニン以外にも、しじみには二日酔いにいい成分が含まれています。それは「アラニン」と「グルタミン」です。

アラニンは飲酒中でも肝臓の修復をする働きがあり、アルコールの分解を早めてくれるとされています。さらに他の栄養素をも活性化してくれるため、内蔵機能を元通りにする手助けをして、結果、二日酔い予防につながるそうです。

ちなみに、もう一つの成分であるグルタミンには、腸での消化吸収速度を早くする効果が期待できるとのこと。飲み過ぎで疲れた胃腸をリカバリーしてくれるので、二日酔い対策としてはかなりメリットが大きい成分とされています。

二日酔い対策におすすめなしじみの食べ方

画像: 二日酔い対策におすすめなしじみの食べ方

しじみの栄養素をいくつかご紹介した上で、最後に二日酔いを予防するためにおすすめなしじみの食べ方をご紹介します。

しじみを食べる上で一番効果的とされるのは、やはり味噌汁の具にして飲むやり方でしょう。味噌にはコリンという成分が含まれていますが、これは二日酔い予防に有効性があることで知られています。味噌としじみと一緒に食べることで、二日酔いの不快感を短期間で終わらせることができると考えられているみたいですね。

この時、調理に使うしじみは貝殻の色が濃く、口が閉じていて、表面にツヤが出ているものを選んでいくことがポイントです。塩水につけてしっかりと塩抜きした後に使うと、よりおいしく召し上がれるはず。やってみてくださいね。

飲み会後にはしじみを試してみてはいかが?

しじみにはたくさんの栄養が含まれています。必須アミノ酸も取り入れることができるため、体のバランスを整える上でもいい食材には違いありません。

上手に使っていくことで、辛い二日酔いを阻止することができるしじみ。飲み会の後、吐き気や胃もたれを感じやすい人は、しじみの持つパワーに頼ってみてはいかがでしょうか?

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.