むくみが出来るメカニズム

私たちが認知している「むくみ」は、医学的には浮腫(ふしゅ)とい呼び、比較的女性に多く見られる症状です。
人間の心臓は血管のポンプのような働きをしていることで、体内に流れる血液の流れが滞ることなく、正常に動いています。血液は、動脈を通して水分や栄養を細胞へ届ける役目がありますが、このとき細胞内で不要となった水分は、リンパ管に戻ってきます。
しかし、リンパ管がスムーズに流れてくれないと、戻ってくる水分が水たまりのように溜まってしまいます。これがむくみです。
実は、むくみの原因には一過性のものと、一過性のものではない何らかの病気のサインであるものがあります。では、一過性のむくみと、そうではないむくみが出来る原因をご説明します。

画像: むくみが出来るメカニズム

一過性のむくみの原因

① 長時間の体勢

長時間同じ体勢でいると(足を地に着けた状態)重力によって、血液は足に溜まります。血液が下に下がると、静脈圧が高くなり、上に戻ってくる水分を受け入れづらくなるのです。

② 冷え性や血行不良

下半身の筋肉は収縮し、ポンプのような働きをすることによって血液を循環させています。
しかし、下半身の筋肉が衰えると、そのポンプ機能が低下します。

③ 水分・塩分過多

水分や塩分を採り過ぎると血中の水分が増えます。
余分な水分が留まると、すぐにむくみを誘発します。

画像: ③ 水分・塩分過多

一過性ではないむくみ

① 下肢静脈瘤

本来、血液の逆流を防ぐための静脈弁が壊れ、血液が逆流し、足に溜まってしまう血管の病気です。悪化してしまうと、肌の色が黒ずんだり、湿疹、かゆみも発症します。

② 肝臓の病気

血管には水分を保持する「アルブミン」という肝臓でつくられる成分があるのですが、肝臓が弱っているとアルブミンがうまく生成されず、動脈の水分が血管の外に出やすくなってしまい、静脈では血管に水分が戻りにくくなってしまいます。

③ 腎臓の病気

腎臓が弱っていると、体内の余分な水分を尿として排出できなくなります。

画像: ③ 腎臓の病気

おわりに

むくみは、実にさまざまな原因が考えられるます。
今までは想定内の足のむくみだったのに、生活を変えていないのに、急にむくみが酷くなったり、慢性的なむくみが1~2週間以上続く場合は、受診をおすすめします。

何らかの病気ではなく、日常生活から生まれたむくみである場合、血液やリンパの循環を促すマッサージやツボ押し、足湯など、毎日のセルフケアが有効ですよ。

とくに、気温が寒くなる季節は血液の流れがいつもより滞りやすくなりますので、1日5分でもストレッチを習慣にして、固まりやすい体をほぐしましょう。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.