一重女子こそ黒木メイサ風メイクをしましょう

二重の人はメイクが映えていいな…。そんな風に思っている一重女子はいませんか?でも、一重にだって似合うメイクがあるんです。

その一つが、クールな目元が印象的な、黒木メイサさん風メイクになります。今回はそのやり方をご紹介しますので、しっかりとマスターして目力のある彫の深い「くっきり美人」を目指しましょう!

眉は先端に向かって細めにへの字に描くことがポイント

画像: 眉は先端に向かって細めにへの字に描くことがポイント

まず、皆さんがいつも行っているメイクと同じ要領で下地やCCクリームを使ってベースメイクを完成させてください。それから眉を作っていきますが、眉の頭から眉山まで、アーチをつけずに直線的に眉を描いていくことがこのメイクのポイントです。「への字」を意識しながら、目と眉の幅を狭めるように調整しながらペンシルを動かすと、くっきりとした目元に仕上がるはず。

それが終わったら、今度は眉の下ラインにペンシルを持っていきましょう。眉頭から眉山までを均一の太さになるようにしっかりとなぞってください。このとき、眉山から眉尻に向かって少しずつ眉が細くなるように描いていくことがポイントです。太さを均等にしてしまうと、どこか不自然さが残るのでご注意を。

マスカラや付けまつ毛を使って華やかさをプラスして

画像: マスカラや付けまつ毛を使って華やかさをプラスして

意志の強そうな眉が仕上がったら、今度はアイメイクを行っていきます。黒木メイサさん風メイクの要と言っても過言ではないので、気合いをいれてやっていきましょうね。

アイシャドウはアイホール全体に色をのせていきますが、カラーは落ち着いた濃いブラウンやグレーを使っていきましょう。こうすることで、より黒木メイサさんの印象に近づくことができるはず。まぶたの横幅をだすために目尻よりも少し長めにアイラインを使うことも重要ポイント!目が大きく見えるから忘れず行ってくださいね。

アイラインは最後に跳ね上げるように描ききると、よりメイクが映えるはず。さらにマスカラや目尻側につけまつ毛を使っていくと、よりシャープでインパクトのある顔を作れます。試してみてくださいね。

ノーズシャドウで彫の深さを作ったら完成です!

画像: ノーズシャドウで彫の深さを作ったら完成です!

ここから黒木メイサさん風メイクの仕上がりを左右する、ノーズシャドウの作り方についてご説明します。掘りの深いシャープな顔立ちを作るために欠かせない点なので、皆さんしっかりと頭に叩き込んでください。

ノーズシャドウをブラシに取ったら、眉頭にかぶせるように、目と鼻の間のくぼみを通って鼻筋に沿って動かしていきましょう。ブラシに力を入れすぎると色が濃くなってしまうので、力加減を調整しながらメイクを行ってくださいね。

次に、鼻先にハイライトを軽くのせたら、鼻高に向かってすっと一筋線をいれるようにブラシを縦に動かしましょう。これでノーズメイクが完成です。この後に入れるチークですが、ほお骨のあたりからではなく、こめかみから頬の側面にかけて色を乗せていくと、面長のシャープな顔を作れるはず。使う色はベージュ系かダークオレンジがベストです。グロスも落ち着いた色を選んでいくと、よりメイクが映えるのでお試しあれ。

一重女子こそ黒木メイサ風メイクで決めてみよう!

黒木メイサ風メイクの魅力は、何と言っても彫の深さを強調できる点でしょう。二重の人がこれを行うと、やりすぎ感が出てしてしまうことがあります。しかし、もともとクールな印象を持たれやすい一重女性がこのメイクを試すと、相乗効果で顔の長所がより強まっていいのです。

今回ご紹介したやり方を守りながら、素敵なクールビューティーを目指してくださいね!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.