むくみがセルライトへと進行する

太ももが太くなる大きな原因のにむくみがあります。
下半身がむくむと、膨張して見え、全体的にぽっちゃりとした印象を受けます。そして、むくみを解消せずに放置すると、水分・老廃物・脂肪が合成して「セルライト」となってしまうのです。むくみは簡単に解消することが出来ますが、セルライトはそうはいきません。未来のセルライトの発生を防ぐためには、今あるむくみは今解消することが非常に重要なのです!

画像: むくみがセルライトへと進行する

むくみを改善する方法

① 足上げ運動でむくみを解消

寝る前に、仰向けに横になり、お布団などに足を伸ばし角度をつけます。10分程度その状態で寝ているだけでOKです。
足を上げることで、太ももやふくらはぎなど下半身に溜まった水分が循環します。

② ストレッチでむくみを解消

股関節の柔軟性を高めると、水分や老廃物が正常に流れますので、下半身がむくみにくくなります。やり方は、軽く開脚し、つま先に向かって手を伸ばすだけでOKです。
また、あぐらをかくように両足裏同士をくっつけて、ひざを床につけるストレッチも効果的です。

③ リンパマッサージでむくみ解消

寝る前にリンパマッサージをするだけで翌朝の脚の太さが変わります。
やり方は、太ももを軽く掴み、親指に力を入れて、ひざの内側から太ももの付け根に向かって老廃物を流すだけでOKです。

画像: ③ リンパマッサージでむくみ解消

むくみを予防する習慣

① ふくらはぎの筋肉を使って歩く

歩く時はつま先から着地するのではなく、かかとから着地して、つま先まで地面を蹴るようにして歩きましょう。かかとからの着地によって、ふくらはぎの筋肉をしっかりと使うことが出来ます。

② 代謝低下を改善する食べものを摂る

代謝が下がるとむくみは悪化しますので、代謝機能をUPさせるショウガやにんにくなど、体を温める食べ物を積極的に摂りましょう。

③ 1日2リットルの水を飲む

水分摂取が多くてもむくみは起こりますが、水分が足りなくてもむくみは起こります。
血中の水分量が低下すると血流が滞り、代謝も悪くなりますので、1日2リットルを目安に、食事や飲み物から摂取するようにしましょう。

④ 水圧でむくみを解消

しっかりと湯船に浸かると下半身には軽く水圧がかかります。
下半身に水圧がかかると老廃物が上半身に戻りやすくなりますので、シャワーで済まさず、出来るだけ毎日入浴しましょう。

画像: ④ 水圧でむくみを解消

おわりに

長時間の立ちっぱなしがむくみの原因になることはもはや常識です。
しかし、実は「寝不足」もむくみの原因になるのです。寝ているときの体勢は足にかかる重力が弱いので、リンパが流れるチャンスなのです。
つまり、睡眠時間はリンパの滞りを元に戻す大切な時間なのです。睡眠時間が足りないと、リンパの流れは改善されませんので、十分な睡眠をとることもリンパの流れを良くする手段の一つなのです。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.