年齢を重ねると、食事制限や筋トレなどを試しても「昔のようになかなか痩せない……」という方は少なくありません。それは年をとるごとに代謝が落ちているからです。これを解決できるのが、『酵素』を摂り入れる『酵素ダイエット』。酵素を積極的に摂ると、代謝を上げて消費カロリーアップに繋がるのです。今回は酵素ダイエットの特徴などについてご紹介します。

画像: 手軽に代謝UPできる酵素ダイエットとは?

酵素ダイエットは他のダイエットとどう違うの?

酵素ダイエットとは、食事から酵素を積極的に摂ることで体の中から痩せやすい体質になり、健康的に痩せることができるものです。酵素は元々体内にあるもので、食べ物を消化する『消化酵素』と代謝に関係する『代謝酵素』の2種類があります。

実はお互いが助け合っていて、ご飯をたくさん食べて消化酵素が追い付かないときは代謝酵素が消化を助け、風邪をひくなどしたときは消化酵素が体の修復やウイルス退治をします。

しかし体内の酵素は数に上限があるうえ、加齢に伴って減少します。そこで食べ物に含まれる『食物酵素』を摂ることで食べ物の消化を助けることができるので、消化酵素に余裕ができます。さらに代謝酵素が代謝に専念することができるため、消費カロリーがアップするのです。

酵素ダイエットはどんな人におすすめのダイエット法?

酵素ダイエットがおすすめな人は、30代以上で、仕事などが忙しく時間が取れない人や三日坊主になりがちな人です。加齢により体内酵素が減少し、代謝も落ちてしまいますが、酵素を摂れば代謝酵素が増え、代謝が高まります。そのため一般的に代謝が落ち始める30代以上の方におすすめなのです。

また、酵素を多く含む生野菜や果物、発酵食品を食べるように心がけたり、酵素ドリンクを飲んだりするだけでいいため、忙しくてなかなか時間が取れない人にも実行しやすいダイエット法になります。

さらに、ジュースやお酒で割って美味しく飲める酵素ドリンクやサプリメントも数多く販売されているので、三日坊主になりがちな人も飽きずに続けていくことができるのではないでしょうか。

画像: 酵素ダイエットはどんな人におすすめのダイエット法?

副作用やデメリットってある?

もちろん酵素ダイエットはいいこと尽くめではありません。

まず注意しなければならないのが副作用のような症状です。酵素ダイエットで代謝が上がり体内の老廃物が排出される際に、頭痛や眠気、便秘、下痢、吹き出物といった症状が出ることがあります。これを『好転反応』といいます。
しかしこれは酵素ダイエットに限らず現れる症状で、症状がよい方向に転じるときに出る反応です。個人差はありますが数日で解消されるのでそこまで心配になる必要はありません。

もうひとつ注意が必要なのは、酵素は熱に弱いという点です。酵素の中には50度程度で不活性化してしまうものがあるので、できるだけ野菜や果物は生で食べること、そして酵素ドリンクは温めないようにすることが大切になります。

おわりに

ここ十数年で食の欧米化が進み、野菜や発酵食品を食べる機会が昔よりも減ったため、現代人は酵素が不足しがちだと言われています。

しかし酵素ダイエットで不足しがちな酵素を摂り入れると、健康的に痩せることができますし、酵素は細胞を修復させる働きもあるので体が疲れにくくなります。

体の内側から体質を改善することで、痩せやすく活き活きした体を作っていきましょう。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.