青汁は健康的な飲み物の代表のひとつとして知られていますが、飲みにくいというイメージがあります。おいしく飲める青汁や飲みやすくする方法はないものなのでしょうか。

画像: 青汁ってこんなにおいしいの?!もう苦いなんて言わせない新感覚の青汁とは

青汁は飲みにくいイメージ…青汁のどの成分が味を出しているの?

青汁には独特な風味があるため、苦手という方もいるかもしれません。青汁の風味の多くは、野菜から抽出される苦味成分によって構成されています。例えばゴーヤならモモルデシン、大葉若麦ならスルフォラフェンといった成分が青汁の苦味を作っています。

一方で、野菜によるこの苦味が青汁の健康成分になっている側面があり、苦味のない青汁はあまり効果がないということもできます。ですが、いくら健康に良いからといって、苦味の強いものを毎日飲むのは困難ではないでしょうか。

そこで、青汁業界の技術の進歩や日々の研究によって、青汁の有効成分を生かしつつもおいしい味を約束した青汁が開発されました。

飲みやすい青汁はこれだ!

おすすめのおいしい青汁のひとつは、「HAPPY MAGIC」です。飲みやすさはピカイチで、好みによって赤コースのスッキリ抹茶風味と白コースのフルーツジュース味の2種類から選ぶことができます。生きている酵素が入っているので、スリムアップ効果が期待できます。

もうひとつのおすすめは「ふるさと青汁」です。100%国産原料だけを使ったこだわりの青汁は、配合比率を工夫することで香り高く甘みのある味を実現しています。飲めば次の日スッキリできるため多くの人から支持されている人気のふるさと青汁は、1日あたり約78円という手頃な値段も大きな魅力になっています。
画像: 飲みやすい青汁はこれだ!

少しでも飲みやすくするためにはコレを入れよう!

飲みやすい青汁を飲んでいたとしても、味がもっとおいしくなる方法があれば実践してみたい人も多いことでしょう。青汁を水で溶かして飲んでいる人もいるかもしれませんが、水を牛乳や豆乳に変えることで、よりまろやかで飲みやすい味に変化します。

また、野菜ジュースやフルーツジュースに混ぜて飲むことでも、青汁の味と調和してくれるのでおいしく飲むことができます。

一方、青汁は飲むだけではなく、食べることもできます。お菓子に練り混ぜたり、ヨーグルトに混ぜたりすればスイーツ感覚で体内に取り入れられるので、ぜひ実践してみてくださいね。

おわりに

青汁は苦味があるという先入観を捨てて、毎日続けたい飲み物だからこそおいしさに自信があるHAPPY MAGICやふるさと青汁を試してみてはいかがでしょうか。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.