下半身が太くなる主な原因

① 老廃物の滞り

静脈やリンパの流れが滞って老廃物が細胞のすき間に溜まってしまうと、むくみが増長します。本来であれば、下半身の筋肉が静脈やリンパ管をポンプのように動かして老廃物を上半身へ押し上げているのですが、筋肉が衰えると体内の水分や老廃物は下半身に溜まりやすくなってしまうのです。

② 体の冷え

筋肉が硬くなると血液の流れは悪くなり、脂肪も燃焼しにくくなります。
さらに血液の循環が悪いと、水分や皮下脂肪も溜まりやすくなり、下半身が太くなります。
体の冷えはむくみだけでなく、贅肉も付きやすい体になります。

③ 生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れは脚のむくみに大きく影響します。
とくに、塩分や糖分の摂り過ぎ、不規則な生活リズムで自律神経が乱れることも、脚がむくみやすくなる原因です。
栄養バランスのとれた食事、質のよい睡眠、ストレスフリーな生活を心がけることもむくみ予防には必要です。

画像: ③ 生活習慣の乱れ

骨盤のゆがみを解消するストレッチ

まず、床に仰向けに寝て、頭の後ろで両手を組みます。次に、両膝を胸に近づけます。
右膝は曲げたまま左膝をゆっくりと真っすぐ伸ばします。そして、左膝を元に戻しながら右膝をゆっくりと真っすぐ伸ばします。これの流れを3セット行います。

画像: 骨盤のゆがみを解消するストレッチ

太ももをスッキリさせるストレッチ

まず、床に座り、痛みを感じない範囲まで開脚します。次に、右手を上げて上半身をゆっくり左へ倒した体勢のまま5秒間キープします。上半身をゆっくり元に戻すしたら、今度は左手を上に上げてゆっくり右へ倒した体勢のまま5秒間キープします。上半身をゆっくり元に戻します。これを、左右5回ずつ行うだけでOKです。

足首をキュッと引き締めるストレッチ

まず、床に仰向けになります。次に、両手をあごの下に置き、膝を90度に曲げます。
あとは、その体勢のまま、足首を曲げ伸ばしを10回程度行います。
1日2セット行うだけでの、簡単な足首ストレッチです。

画像: 足首をキュッと引き締めるストレッチ

おわりに

足のむくみを解消するために大切なことは大きく2つです。

① 体を冷やさないこと
② 老廃物を溜め込まないこと

冷えは血流を悪くし、足に溜まった血液や水分の循環を邪魔します。さらに、蓄積した老廃物はリンパや血液の流れを滞らせ、むくみを悪化させます。
反対に言えば、この2つ対策をしっかりと行うことが出来ていれば、足のむくみは大幅に軽減されますので、まずはこの基本事項を守りましょう。
とくに体が冷える季節は、他の時季よりも、この2つの対策を徹底して行いましょう。

画像: おわりに
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.